ASUS Eee PC 1215NにWindows10をインストールする


ジャンク4500円で入手したASUS Eee PC 1215NにWindows10をインストールした。

Windows10標準インストール完了後の状態では、ドライバがいくつか足りないので、追加する必要がある。

その0:Intel Graphics Media Accelerator 3150ドライバ
Windows10標準ドライバでは画面解像度がおかしな状態となっている。
Windows Updateで最新版のドライバがインストールされ、おかしな状態は解消されるので、画面解像度については直さず、そのままWindows Updateを実施すること。

その1:Nvidia IONドライバ
NVIDIAドライバダウンロードページ」の[ION]-[ION(Notebook)]-[Windows Vista 32bit or 64bit]-[Graphic Drivers]で検索して出てくるWindows10用のドライバでは、サポートされていないデバイスとなり、ドライバのインストールに失敗する。

いろいろ探したところ、「Nvida ION windows 10 64Bit Driver for ASUS 1215N」にGEFORCE R304 DRIVER (version 306.97)の「32bit用」「64bit用」であれば対応しているという情報を発見。
インストールしてみたところ、認識されたようでドライバが設定された。

駄目だったバージョン:310.90のwin8~vista用, 341.95のwin8~vista用とwin10用, 347.88のwin8/win7用

その2:タッチパッドドライバ
ASUS Eee PC 1215Nドライバー&ツール」から「Windows7 32bit or 64bit」の「タッチパッド」にある「TP_Synaptics_v14_0_16_C.zip」をインストール。
これをやらないと、次のATK(KBFilter)でタッチパッドのドライバが見付からないというエラーメッセージが表示されてしまう。
ただ、これを入れると、ホットキー操作が微妙な動作に・・・

その3:ホットキー操作用ドライバ
ASUS Eee PC 1215Nドライバー&ツール」から「Windows7 32bit or 64bit」の「ATK」にある「KBFilter.zip」をインストール。
AsusSetup.exeを普通に実行するとサポートしていないバージョンだと言われてインストールできない。
32bitの場合はWin7\AsusSetup.exe、64bitの場合はWin764\AsusSetup.exeのプロパティで互換性をWindows7に設定してから実行する。
前述のタッチパッドドライバをインストールせず、こちらのドライバだけをインストールした場合は、ホットキー操作の際にちゃんと画面上に操作したキーに関するグラフィックが表示された。
しかし、起動時にタッチパッドドライバがインストールされていないというメッセージが出てしまう。

その4:CPUの動作切り替えソフト
ASUS Eee PC 1215Nドライバー&ツール」から「Windows7 32bit or 64bit」の「ユーティリティ」にある「Super Hybrid Engine(SupHybridEngine-V2_13.zip)」をインストール。
これもAsusSetup.exeを普通に実行するとサポートしていないバージョンだと言われてインストールできない。
SuperHybridEngine_2.13.exeのプロパティで互換性をWindows7に設定してから実行する。

その5:カメラアプリ
ASUS Eee PC 1215Nドライバー&ツール」から「Windows7 32bit or 64bit」の「ユーティリティ」にある「YouCam Utility(YouCam-V2_0.zip)」をインストール。

さて・・・これで一通りインストールが出来た。
IONの威力でも試してみるか!と、さしあたって、ドラクエXベンチを起動・・・
エラーで起動できませんでした・・・・・・・
SuperHybridEngine UtilityでPerformance設定にしてみても状況は変わらず。
ION切り替えのあたりの問題っぽいんだけどなぁ・・・


「NVIDIA Optimus」で検索

Hone.のたま~に戯言「Windows10でnVidia Optimusが動かない場合の一時しのぎ技」に347.88-notebook-win8-win7-64bit-international-whqlはいける、というような記載がある。
GEFORCE GAME READY DRIVER 347.88「64bit版」「32bit版」が該当っぽいが、製品サポートリストが駄目っぽい雰囲気が・・・

みむらの手記手帳「VAIO Z VPCZ1 のグラフィクス機能を Optimus Technology を用いて動かす。
nVidiaドライバのinfファイルを書き換えて、強制的に認識させてドライバを適用するという手法。
署名を無視する設定にしなければならないが、これをすると地デジチューナーのアプリなどがうまく動かなくなる恐れあり

GEFORCE GAME READY DRIVER 341.81 64bit版」の製品サポートリストに「ION(Notebook)」があるが動くのか?
少なくともVAIOとFujitsu製品はサポート対象外らしい
リリースノートを読むと「NVIDIA Optimus technology is supported」だけど、「Hybrid Power technology is no longer supported.」という記述が・・・しかし、Hybrid Power technologyはNVIDIA Optimus technologyの前世代の技術のことのようなので、サポートされていなくても問題はなさそうだ。


ドラクエXが起動しない件は、nVidiaコントロールパネルの「3D設定」-「3D設定の管理」の「プログラム設定」にて、ドラクエベンチマークのexeファイルを指定して「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」を使用する設定とすることで起動し、ベンチマークを取得することができた。

グラフィック設定:標準
解像度:640×480
表示方法:フルスクリーン
結果「評価:重い」「スコア:(1回目:1263),(2回目:1260)」

グラフィック設定を低品質に変えても「スコア:1351/重い」でした。

ASUS Eee PC 1215N用のACアダプタを安く調達(東芝/富士通系DC19Vアダプタ流用)


ASUS Eee PC 1215Nが、ジャンク4500円で売っていた。
外装に欠けがあり、ACアダプタ無しだけど、メモリ2GB、HDD 320GBはちゃんと残っている。
試しに電源を入れてみるとちゃんとBIOS画面が表示される。

ぱっと見、問題となりそうなのは、ACアダプタの入手性だけだったので、とりあえず、買ってみた。

ASUS Eee PCのACアダプタ情報を調べていくと、コネクタは「外2.5mm、中0.7mm」というサイズのものらしい。
しかし、実物持参で千石、マルツなど、秋葉原の部品屋さんを見てみたものの、それらしきコネクタが無い。

失敗したかなーと、Amazonを見てみると、使えそうなものを発見。

「汎用ACアダプター用出力DCプラグ変換アダプター (5.5mm×2.1mm ⇒ 2.5mm×0.7mm, 商品1点)」

変換元の「外5.5mm 中2.1mm」というのは東芝/富士通などのDC19Vを必要とするノートパソコンで良く使用されている形状。
うちにも、このアダプタであればいくつか転がっている。

というわけで、購入してチャレンジ!
asus-eee1215n

かなり安定度が無いですが、とりあえずは使えました。
慎重に差し込まないと折れてしまいそうな感じがします。

ネットワーク上にあるhpサーバのiLO IPアドレスとライセンスを収集するスクリプト


2019/01/09 追記

オリジナルのNachoTech Blogがアクセスできなくなっていたので、「https://github.com/osakanataro/findilos」にオリジナルと後述の改変版をアップロードした。


hpサーバをリモートから制御するために使用するiLO。
稼働させたあとにIPアドレスを確認するのがめんどくさい。
そういう場合に、総当たりでiLOのIPアドレスを確認するスクリプトがあった。

NachoTech Blogの「How to find all the iLO’s on your network」にあるfindilosである。

早速ダウンロードして実行してみる。

[root@adserver ~]# ./findilos 172.17.17.0/24<br>
Scanning...</p>
<p>--------------- ------ -------- ------------ -------------------------<br>
iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model<br>
--------------- ------ -------- ------------ -------------------------<br>
172.17.17.xxx   N/A    1.26     CN71xxxMxx   ProLiant DL360 G7</p>
<p>1 iLOs found on network target 172.17.17.0/24</p>
<p>[root@adserver ~]#

iLO HWのモデル名は拾ってくれない。
blogのコメントを確認していくと、元のスクリプトはiLO-2までしか対応しておらず、その後のバージョンについてはコメント欄にある修正を実施すれば良いようだ。

また、iLO Advanceを買っている場合に、そのライセンスコードを表示するための案も提示されていた。
ただ、スクリプト例は汚い実装となっていて、せっかくの元スクリプトを活かしていない形だったので、元スクリプトの実装に従ってライセンスを表示するバージョンを作成した。

その実行例がこちら

[root@adserver ~]# ./findilos 172.17.17.0/24<br>
Scanning...</p>
<p>--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------<br>
iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model              iLO Edition          iLO Licence Key<br>
--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------<br>
172.17.17.xxx   iLO-3  1.26     CN71xxxMxx   ProLiant DL360 G7         iLO 3 Advanced       xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxx-xxxxx</p>
<p>1 iLOs found on network target 172.17.17.0/24</p>
<p>[root@adserver ~]#

スクリプトの修正例は以下

#!/bin/bash<br>
#<br>
# findilos - Search a local network segment for iLOs<br>
#            The iLO is the Integrated Lights-Out management processor<br>
#            used on HP ProLiant and BladeSystem servers<br>
#<br>
scriptversion="1.0"<br>
#<br>
# Author: iggy@nachotech.com<br>
#<br>
# Website: http://blog.nachotech.com<br>
#<br>
# Requires: tr sed expr curl nmap<br>
#<br>
# Tested with: Nmap 4.20, curl 7.17.1, RHEL4<br>
#<br>
# Note: Discovery of an iLO is dependent upon the Virtual Media port<br>
#       being set to the default of 17988.  If this has been changed<br>
#       by the iLO administrator, then this script will NOT find it.<br>
#<br>
#       Also, if the iLO XML Reply Data Return has been Disabled by<br>
#       the iLO administrator, this script will not be able to<br>
#       gather any information about the server.  It will still be<br>
#       discovered, but all you will see is its IP address.<br>
#</p>
<p># GLOBAL VARIABLES</p>
<p>scriptname="findilos"<br>
iloips="/tmp/tmpilos.$$"<br>
iloxml="/tmp/tmpiloxml.$$"<br>
ilohwvers="/tmp/tmpilohwvers.$$"</p>
<p>declare -i ilosfound=0</p>
<p># FUNCTIONS</p>
<p>function parseiloxml {<br>
  fgrep "$1" $iloxml &gt; /dev/null 2&gt;&amp;1<br>
  if [ $? -ne 0 ]<br>
  then<br>
    # tag not found in xml output, return empty string<br>
    parsedstring="N/A"<br>
  else<br>
    # tag was found - now we parse it from the output<br>
    tempstring=$( cat $iloxml | tr -d -c [:print:] | sed "s/^.*&lt;$1&gt;//" | sed "s/&lt;.$1.*//")<br>
    # trim off leading and trailing whitespace<br>
    parsedstring=`expr match "$tempstring" '[ \t]*\(.*[^ \t]\)[ \t]*$'`<br>
  fi<br>
}</p>
<p>function is_installed {<br>
  which $1 &gt; /dev/null 2&gt;&amp;1<br>
  if [ $? -ne 0 ]<br>
  then<br>
    printf "\nERROR: %s not installed.\n\n" $1<br>
    exit 255<br>
  fi<br>
}</p>
<p># MAIN</p>
<p># check for tools that we depend upon</p>
<p>is_installed tr<br>
is_installed sed<br>
is_installed expr<br>
is_installed curl<br>
is_installed nmap</p>
<p># check syntax - should have 1 and only 1 parameter on cmdline</p>
<p>if [ $# -ne 1 ]; then<br>
  printf "%s %s ( http://blog.nachotech.com/ )\n" $scriptname $scriptversion<br>
  printf "Usage: %s {target network specification}\n" $scriptname<br>
  printf "TARGET NETWORK SPECIFICATION:\n"<br>
  printf "  Can pass hostnames, IP addresses, networks, etc.\n"<br>
  printf "  Ex: server1.company.com, company.com/24, 192.168.0.1/16, 10.0.0-255.1-254\n"<br>
  printf "EXAMPLE:\n"<br>
  printf "  %s 16.32.64.0/22\n" $scriptname<br>
  exit 255<br>
fi</p>
<p>iprange=$1</p>
<p># prepare lookup file for iLO hardware versions</p>
<p>cat &gt; $ilohwvers &lt;&lt; EOF<br>
iLO-1 shows hw version ASIC:  2<br>
iLO-2 shows hw version ASIC:  7<br>
iLO-3 shows hw version ASIC: 8<br>
iLO-3 shows hw version ASIC: 9<br>
iLO-4 shows hw version ASIC: 12<br>
iLO-4 shows hw version ASIC: 16<br>
i-iLO shows hw version T0<br>
EOF</p>
<p>#<br>
# scan a range of IP addresses looking for an<br>
# open tcp port 17988 (the iLO virtual media port)<br>
#</p>
<p>printf "Scanning..."</p>
<p>nmap -n -P0 -sS -p 17988 -oG - $iprange | fgrep /open/ | awk '{print $2}' &gt; $iloips</p>
<p>printf "\n\n"</p>
<p>#<br>
# open and read the list of IP addresses one at a time<br>
#</p>
<p>exec 3&lt; $iloips</p>
<p>echo "--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------"<br>
echo "iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model              iLO Edition          iLO Licence Key"<br>
echo "--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------"</p>
<p>while read iloip &lt;&amp;3 ; do<br>
  ilosfound=$ilosfound+1<br>
  #<br>
  # attempt to read the xmldata from iLO, no password required<br>
  #<br>
  curl --proxy "" --fail --silent --max-time 3 http://$iloip/xmldata?item=All &gt; $iloxml</p>
<p>  #<br>
  # parse out the Server model (server product name)<br>
  # from the XML output<br>
  #</p>
<p>  parseiloxml SPN;  servermodel=$parsedstring<br>
  parseiloxml SBSN; sernum=$parsedstring<br>
  parseiloxml PN;   ilotype=$parsedstring<br>
  parseiloxml FWRI; ilofirmware=$parsedstring<br>
  parseiloxml HWRI; ilohardware=$parsedstring</p>
<p>  ilohwver=$(grep "$ilohardware" $ilohwvers|awk '{print $1}')<br>
  if [ "$ilohwver" == "" ]; then<br>
    ilohwver="N/A"<br>
  fi</p>
<p>  if [ "$sernum" == "" ]; then<br>
    sernum="N/A"<br>
  fi</p>
<p>  # add start<br>
  curl --proxy "" --fail --silent --max-time 3 http://$iloip/xmldata?item=CpqKey &gt; $iloxml<br>
  parseiloxml LNAME; ilomodel=$parsedstring<br>
  parseiloxml KEY; ilokey=$parsedstring<br>
  # add end</p>
<p>  printf "%-15s %-6s %-8s %-12s %-25s %-20s %-30s\n" $iloip "$ilohwver" "$ilofirmware" "$sernum" "$servermodel" "$ilomodel" "$ilokey"</p>
<p>done</p>
<p>printf "\n%d iLOs found on network target %s.\n\n" $ilosfound $iprange</p>
<p>rm -f $iloips $iloxml $ilohwvers</p>
<p>exit 0

中華ベンダGOLE社のGOLE1というタッチパネル付きミニPC



Indigogoで「Gole1, Cheapest Windows10 Intel Touch Mini PC」というプロダクトが出ている。

曰く・・・
・CPUはIntel Z8300
・「RAM 2GB/eMMC 32GB」モデルと「RAM 4GB/eMMC 64GB」モデルの2種類
・Windows 10 Home Multi-languageの英語版で出荷(ちなみにSingle-languageだと標準設定の言語以外が追加できない)
・5インチのタッチパネルを筐体に付ける
・正面に最小限のボタンを付ける(音量ボタン/戻るボタン/電源ボタン)
・バッテリーは搭載しない
・無線LAN/Bluetooth搭載

5_vf2q88
6_bkfu93
PCBA_bmcpag

また、別売りで下側に付ける2.5インチHDDケースも出すとのこと
HDD_qrdtrf

おもしろそうではあるんだけど・・・
・・・
・・・

これ、ほんとに$79で7月に出せるのかね?
なお、日本向け送料は$26でした。

電子書籍読み用途のWindows/AndroidタブレットTeclast X89 Kindow Readerを発注してみた



中国のTeclast社はいろいろなWindows/Android両対応タブレットを出している。

Teclast X89という名称のバリエーションで何機種か出ていたが、この度「Teclast X89 Kindow Reader」という新種が登場した。

さっそく、4/29に秋葉原の東映無線ラジオデパート店で販売が開始されてたりします。
Kindle対抗?7.5型のWindows 10タブレット「X89 Kindow」が登場

CPUがAtom Z3735Fと旧世代なのがちょっと難有りですが、fastcardtechでのお値段が案外安かったので発注してみてます。
Registered Mailなので、届くまでに1ヶ月ぐらいかかりそうですけどね・・・

果たして、どうなることか・・・