QUADSTOR VLTを使ってみた


以前「オープンソース版もあるVTLソフトウェアQUADSTOR」という記事を作成したが、使ってはいなかった。

よく見てみたら、ローカルのテープ装置/テープライブラリとしてエミュレートしてくれる機能もあったので、NetBackup Linuxでテープライブラリを使う案件が来たついでに、練習のためQUADSTORを使ってみた。

QUADSTORの注意点

  • CGIを使うWebインタフェースのプログラム(標準はポート80使用)
  • Webインタフェースに認証機能がないので要注意(アクセスすれば誰でも消せます)
  • SELinux環境下で使う場合、後述のSELinuxコマンドを実行すること
  • 仮想テープのデータを保存する領域はRAWデバイスディスクが必要(OSからマウントされない)
  • QUADSTORの起動に時間がかかる(うちの環境では10分かかった)

セットアップ実施

セットアップは簡単で、「Installation/Upgrading on RHEL/CentOS 6/7, SLES 12 SP2 and Debian 7/8」に書いてあるものをそのまま実行した形である。

# yum install httpd gcc perl kernel-devel sg3_utils
# rpm -ivh quadstor-vtl-ext-3.0.31.1-rhel.x86_64.rpm

プログラムの自動起動で以下を実行

# systemctl enable httpd.service
# systemctl enable quadstorvtl.service

SELinux環境で動作するように下記の設定を実行

# setsebool -P httpd_enable_cgi 1
# semanage permissive -a httpd_t

なお「semanage」は標準ではインストールされていないので「yum install policycoreutils-python」を実行して、追加インストールする必要がある。

Webインタフェースにアクセスする為に、firewallに穴を開けます。

# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http

また、Webインタフェースには認証機能がなく、誰でも使用できる状態であるため「Accessing the Web Management Interface」の「SECURING ACCESS TO THE WEB INTERFACE」に記載されているように.htpasswdを使ってアクセス制限をかけましょう。

このあと、Webインタフェースにアクセスすると、以下の様な感じの画面がでてきます。(なお、これはすでにVTL登録済みの状態です)

「Physical Storage」から「Rescan」するとマウントしていないRAWディスクが表示されますので、それを登録します。

「Virtual Libraries」から「Add VTL」よりテープチェンジャーを作成します。

登録したテープチェンジャーは下記の様に見えます。

Linux上からは下記の様になります。

# cat /proc/scsi/scsi
<略>
Host: scsi34 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: IBM      Model: ULT3580-TD1      Rev: D711
  Type:   Sequential-Access                ANSI  SCSI revision: 06
Host: scsi33 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ADIC     Model: Scalar 24        Rev: 6.24
  Type:   Medium Changer                   ANSI  SCSI revision: 03
#

NetBackupのコマンドで確認してみると、下記の様にみえました。

# /usr/openv/volmgr/bin/tpautoconf -t
TPAC60 IBM     ULT3580-TD1     D711 2688700001 -1 -1 -1 -1 /dev/nst0 - -
# /usr/openv/volmgr/bin/tpautoconf -r
TPAC60 ADIC    Scalar 24       6.24 26887167A2DC4D54B8910000 -1 -1 -1 -1 /dev/sg4 - -
# /usr/openv/volmgr/bin/scan
************************************************************
*********************** SDT_TAPE    ************************
*********************** SDT_CHANGER ************************
************************************************************
------------------------------------------------------------
Device Name  : "/dev/sg4"
Passthru Name: "/dev/sg4"
Volume Header: ""
Port: -1; Bus: -1; Target: -1; LUN: -1
Inquiry    : "ADIC    Scalar 24       6.24"
Vendor ID  : "ADIC    "
Product ID : "Scalar 24       "
Product Rev: "6.24"
Serial Number: "26887167A2DC4D54B8910000"
WWN          : ""
WWN Id Type  : 0
Device Identifier: "ADIC    26887167A2DC4D54B8910000"
Device Type    : SDT_CHANGER
NetBackup Robot Type: 8
Removable      : Yes
Device Supports: SCSI-3
Number of Drives : 1
Number of Slots  : 20
Number of Media Access Ports: 1
Drive 1 Serial Number      : "2688700001"
Flags : 0x0
Reason: 0x0
------------------------------------------------------------
Device Name  : "/dev/nst0"
Passthru Name: "/dev/sg3"
Volume Header: ""
Port: -1; Bus: -1; Target: -1; LUN: -1
Inquiry    : "IBM     ULT3580-TD1     D711"
Vendor ID  : "IBM     "
Product ID : "ULT3580-TD1     "
Product Rev: "D711"
Serial Number: "2688700001"
WWN          : ""
WWN Id Type  : 0
Device Identifier: "IBM     ULT3580-TD1     2688700001"
Device Type    : SDT_TAPE
NetBackup Drive Type: 3
Removable      : Yes
Device Supports: SCSI-6
Flags : 0x0
Reason: 0x0
#

ドキュメントを確認すると、「Data deduplication best practices」というのがあり、重複排除が行われた状態でRAWストレージに格納されている模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください