雪の会津旅行


12月25日、会津に行くため、11時半過ぎのMAXやまびこに乗って郡山へ
新白河までは雪はまったくなく、ふと気がつくと、外は白くなっていました。

郡山到着直前、なぜか急停止。
思えばこれが最初の予兆だったのでしょうか?

その止まった時の外の風景がコレです

203系が解体されているところでした。下の方に映っている山はロングシートです。

写真ではわかりにくいと思いますが、車内はがらんどうのようでした。

郡山から乗る予定の電車は13時16分に入ってくる、ということだったのですが、改札で聞いてみると20分遅れだとか。

発車は13時47分なので大丈夫でしょう、ということだったので、14時半頃、ホームへ行ってみると、10分も待たないうちに電車到着。

写真を取り忘れてしまいましたが、ドアが開いた瞬間、ドアにくっついた雪が「ずりっ!」と滑り落ちたのに、みんな苦笑していました^^;;;

しかも、それでも、雪が残っていたので、おりてくる人が、その雪の壁を蹴り落としてましたし

で、発車は定刻だったものの、途中、踏切で車が脱輪したようで、係員が駆けつけ対処するまで10分ほど待たされたり(14:28復旧)

猪苗代直前では前に除雪車が走ってるとかで10分ほど止まったり(14:38復旧)

そして、猪苗代では、45分待ち。(14:46~15:32)

その猪苗代で撮った写真がこちら

猪苗代手前で前を走っていた除雪車がこれです。
止まっているだけに見えますが、実は前のロータリーは回りっぱなしになっていました。

つか、後ろでこれですよ。(うっかり前を撮り忘れた)

磐梯町で郡山行きとすれ違い(あっちは134分おくれだとか)、会津若松には16:20に到着

到着直後に、乗ってきた電車の前を撮ってみました。
ご覧の通りに雪をかき分けて停車していますね。

駅前はこんな感じでした。

そして、朝・・・

ここの道は融雪道路なのでまだましでしたが、脇に入るとほんとすごかったです。

帰りは動いていた会津鉄道で西若松駅から乗って帰ってきました。

只見線の線路は雪に埋もれていました。
当初は15時頃に復旧予定となっていたはずなのですが、この写真を撮った14時40分の時点では、そんな様子はまったくなく、帰宅後わかったのですが、只見線は終日運休になったとか・・・

会津鉄道は快調に走ってくれました。

なんでこうも違うことになったのかがすごく謎です。

  1. お知らせ | OSAKANA TAROのメモ帳 - pingback on 2011年12月23日 at 8:42 AM

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Trackbacks and Pingbacks: