デジタルフォトフレーム


ドコモから発売されているフォトパネル03、ソフトバンクモバイルから発売されているPhotoVision Softbank 008HW
どちらも9インチのフォトフレーム端末である。


↑ドコモ フォトパネル03


↑ソフトバンクPhotoVision 008HW

見かけ上の主な違いは、操作ボタンの位置がどちらにあるか、という感じである。

さて、OEMメーカであるHuaweiなら、元モデルがあるはずだろう、と探してみると9インチモデルとしてHUAWEI MMC297uというのがある。
しかし、日本語QuickStartマニュアルをダウンロードしてみると、ドコモフォトパネル02の説明が・・・

ドコモフォトパネル20、ソフトバンクモバイル SoftBank PhotoVision HW002、Huawei MMC297uは、それぞれ、正面パネルの配置も同一なので、おそらく中身も同じなんでしょう。

MMC297uで検索しても、これといった改造情報が出てこないあたり、海外ではあまり需要がない製品なんだろうか?という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください