一太郎再び


さて、一太郎Ark for Javaです。
探したらUltra5/10用メモリがあったので増設し192MBにしました。
すると・・・早くなりました。かなりまともに動きます。というか快調です。しかも、SunClassic(sun4m)のマシンに画面を飛ばしてリモートで使っても快適です。下手にClassicの方でxemacs使うよりもいいかもしれないというくらい・・・
このまま使い続けようかな?と考えてしまいますねぇ・・・Solaris用ATOKもあることですし。

一太郎Ark


一太郎Ark for Java(仮称)のプレビューが公開されたので使ってみました。
環境はSun Ultra5(270MHz,RAM 64MB)でOSはSolaris7。
感想・・・重い・・・もとのSolaris7の動作も遅いけど、それに輪をかけてしまっている。
でも、HTMLとして文章を保存してくれると言う機能はとてもよい。また、手書きで書いたスタイルシートばりばりのHTML文章を読み込ませたところきちんと想定したように表示してくれた。Netscapeなんかよりずっとよいスタイルシート解釈をしています。今度はメモリを増量してチャレンジしてみたいと思います。(もしくはEnterprise450とかで試すとか^^;;;)

PC WAVE


なに~、PC WAVEが休刊だと~!?どうりでどこにも売っていないと思った~!!!
私が買うパソコン雑誌は2誌,PC WAVEとSoftwareDesignだけだったのに、その片割れが消えてしまうなんて・・・
思えば、DynaBookSS002を本格的に使い始めた頃、英語のゲームができるということを知り買った雑誌・・・PCフォーラム。知らない間にこいつがなくなってしまって2年・・・本屋で見かけたPC WAVEなる雑誌で紹介されていた「謎パ」。この記事がきっかけでPC WAVEを時々買い始めました。ただ、当時は記事をみても財力がないため、みてるだけ~という悲しい日々を送っていました。
本格的にPC WAVEを購読し続けるようになったきっかけはPilotでした。PalmPilot発売の噂が出始めていた頃に記事を読み、ほしくなってほしくなって・・・Webで個人輸入しました。
でも、一番役に立ったのは「PC Blue Wave」でした。このコラム(?)を読み、そのまま受け売り~というのをよくやったものです。
それにしてもPC WAVE 99年5月号の予告にあった「WinCE」の記事は気になるなぁ・・・いったいどんな内容が予定されていたんだろう???気になる気になる~
とりあえず、さらば愛しのPC WAVEというサイトが立ち上がっているのでそこをみると今後の展開が見えるのかな?

CD-R買う


Aptiva君のCD-ROMは8倍速といまとなってはちょと遅め。そんなわけでアップグレードを企画しました。


  • 選択肢1:CD-Rドライブ
  • 選択肢2:DVD-ROMドライブ
  • 選択肢3:両方購入
  • 選択肢4:DVD-RAMドライブ

さて、以上の選択肢の中から、まず3番がスペースがないという理由で消え、続いて4番は高いし規格が流動的なので消え、2番は別にDVDはまだ持ってないし怪しいK6-2 300環境なのでソフトウェアDVD再生はきついだろうから消えて、そして最後・・・1番が残りました。
続いてドライブの選択・・・SCSIカードはあるけど、今回はATAPI置き換えをねらうからATAPIドライブを選択・・・やすいのは・・・2万円のCD-R2倍書/CD-RW2倍書/8倍読、もしくはCD-R4倍書/8倍読。でも8倍読みか・・・一緒やん・・・というわけで、他に2万円台はと探してみれば・・・ありました!NEC Multi CD-R!CD-R2倍書/20倍読み、そしてPDもO.K.というもの。まあ、2万5千円なのがちょいと難点ですが、CD-R書き込みソフトがB’zなので問題なし!
というわけで、現在MultiCD-RがうちのAptiva君に内蔵されております。まあ、ふつうに書き込みができてますし、データも読めているので問題なしですな。
あとは、カセットテープの内容をwaveに落としてmp3変換変えてテープを減らす努力をすればO.K.!だって、テープの置き場がないんですもの・・・

DiskSuiteでシステムのミラーリング


DiskSuiteって知ってます?Solaris上でソフトウェアでRAID機能を実現するプログラムで、RAID5,ミラーリング(RAID1)、ストライピング(RAID0)を接続されている普通のHDDを使って実現できます。こいつはシステムのパーテーション、rootや/usr,swapをもミラーリングできてしまうという機能を持っています。
さて、本題。システムをミラーリングする場合の手順についてちょと記載。


まずは/etc/opt/SUNWmd/md.tabを書くのだ!標準で用意されているのがあるけど、それはrenameして新しくつくろう!
/dev/md/dsk/d10  1  1  /dev/dsk/c0t0d0s0
/dev/md/dsk/d0 -m d10
/dev/md/dsk/d20 1 1 /dev/dsk/c1t0d0s0
/dev/md/dsk/d11 1 1 /dev/dsk/c0t0d0s1
/dev/md/dsk/d1 -m d11
/dev/md/dsk/d21 1 1 /dev/dsk/c1t0d0s1

続いて、この記述にしたがってmetainitを実行するのだ!今回はrootもswapもumountできないので強制施行オプションをつけるのだ!
# metainit d20
# metainit -f d10
# metainit d0 d10
# metainit d21
# metainit -f d11
# metainit d1 d11

rootのデバイスがミラーになるので特別なコマンドを打ってシステムを変更する。
# metaroot d0

swapもミラーになりデバイス名が変わるので/etc/vfstabを書き換える。(rootはmetarootコマンドで書き変わっている)
/dev/md/dsk/d1 – – swap – no –

そして再起動。
# reboot

さっきのmetainitではミラーの片方しか登録していないので、もう片方を登録し、ディスク内データの同期を取る。
# metattach d0 d20
# metattach d1 d21

metastatコマンドで同期の状況を確認する。すべてstatusがOkeyになれば終了。

てな感じでDiskSuite4.xによるシステムのミラーはできますよ。