しまなみ海道


5月1日に本四横断橋の最後のルート、しまなみ海道が開通しました。ゴールデンウィークは暇だったので自転車を輪行して渡ってきました。
本州側尾道から四国側今治までサイクリングロードの総延長は約90km、通行料金の総計510円。もちろん島なのでちょっとした山だから坂はある。そして海岸から船を越える高さの橋まで登る必要もある。しかし、走ってしまえばそんなもんは大したことではない。
すべての橋に通行スタンプ台がおいてあり、このスタンプをすべて集めると、しかるべき場所にて「しまなみ海道横断認定証」とバッチがもらえる。是非とももらおう。
このほかいろいろとキャンペーンを10月までやっているそうなので行ってみるが吉。ただし、自動車で行くのはやめるべし。
あと、大三島に道の駅があり「仮眠所」があるとガイドブックに書いてあるけど、これは9:00~17:30までしか開いていないので期待しないように。

PCB CAD


ゲームボーイ開発関連サイトを探索中、フリーで使えるという基板用CADソフト発見。
Cadsoftという会社のもので下記の条件下でならフリーとのこと。


  • 基板サイズが100mm*80mm(4inches*3.2inches)
  • 両面基板
  • 回路図エディタは回路図1枚分のサイズのみ。

はたして、これがどれくらい使えるソフトなのかはわからない。これから試してみるか・・・
Linuxにブートできなくされた、Windowsが完全に復旧したら^^;;;

Open Linux


PC WAVE最終号に添付していたOpen Linuxをインストールした。ブートローダLILOが「LI」と出て止まる。仕方がないのでfdisk /mbrでマスターブートレコーダを消す・・・が、「Missing Operationg system」起動しない。
良く考えてみると、このディスクっていろいろと試したんだっけ・・・OS/2 Auroraベータ版とかBeOS R4とか使用してたし・・・その関連かな?Linuxのfdiskでパーテーション切り直したとき、1パーテーション目が1セクタ目から始まっていたからかもしれないなぁ。
現在、Drive Imageを使ってバックアップ&リストアで元にもどらないかな?と期待中。

SuperMario for ColorGameBoy


またもやゲームを輸入しました。ひとまず届いたのはSuperMario Deluxe。
届いてから知ったこと・・・このソフト、ゲームボーイカラー(CGB)専用だったんだ・・・
それはさておき、このソフト、タイトルから推測できるようにファミコンのスーパーマリオの移植版。色も音もファミコンに酷似。違うのは画面構成。
なんというか・・・仮想画面方式というのかな?ファミコン版の画面があって、その画面からCGBで移る範囲だけ切り出した感じ。これがどういうことになるかというと、1-1の一番はじめのブロック群。あれが1画面に収まらないという状況。1-4とかの白も画面にぜんぜん収まらない大きさ。もとの画面を知らないとやりにくいことこの上ないですね。
また、軟弱化した面が多々・・・まず、初期値が5人。そしてポーズするとセーブができる。セーブから復帰するとちびマリオ状態で始まるけど、「あ、死んだ。リセット。セーブから復帰」という姑息な技が通用する・・・
まあ、これがいいのかわるいのか???なにげに、いまだにファミコン版をクリアしたこと無いのでこれでなんとかクリアしたいですな。