Category Archives: サイトアーカイブ

radius


プロバイダのサーバOSアップデートのついでに、radiusを入れ直すことに
すっかりメンテナンスされなくなったDTC Radiusから Cistron RADIUSへの乗り換えです。

チェックポイント

  • パスが変わる
    バイナリファイル: /usr/etc→/usr/local/sbin
    ログファイル: /usr/adm/radacct→/var/log/radacct
  • /etc/raddb/usersファイルの編集
    dictionaryの定義内容が変更になっているので調整。旧環境での定義内容を確認し、その値を使っている新環境のdictonaryで定義されている字句を使用する。
    具体的には「User-Service」→「Service-Type」
  • 起動ファイルの書き直し
    DTC radiusでは起動しか面倒みてくれないし、実はオプションが変わっているようなので、全面改訂。
    cistron添付のはdebian専用だったので、sambaのを流用。

んで、動作テストにはDTC radius謹製のradpingコマンドを使用

radping -u ユーザ名/パスワード -S radiusサーバ名 -K radius-key

それにしても久々やな^^;;;

IRIX6.5.15資料


大学時代の研究室のサーバに20年以上置きっ放しのコンテンツだったのですが、この度、サーバが無くなる、ということで、こちらにコピーしておきます。

元のタイムスタンプ: 7月 21 02:42:58 2002 irix6515.html

というか・・・このコンテンツ。
作ったのにトップページからリンクを貼ってないという非公開コンテンツになってた^^;;;


CD-ROM一覧

SGI O2 2002年2月下旬以降の出荷分に添付されていたIRIX 6.5.15のパッケージは以下のもので構成されている。

6.5.11から/usr/demosにインストールされるデモソフトウェアがApplicationCD-ROMからDemo用のCD-ROM(Silicon Graphics General and O2 Demos)に移動になったので、デモを使用する際は別途インストールすることになる。

システム関連のCD-ROM

  • IRIX 6.5.15 Installation Tools and Overlays[1of4] February 2002
    812-0818-015,02/02,Seq:100
  • IRIX 6.5.15 Overlay[2of4] February 2002
    812-0819-015,02/012Seq:700
  • IRIX 6.5.15 Overlay[3of4] February 2002
    812-0817-015,02/02,Seq:700
  • IRIX 6.5.15 Overlay[4of4] February 2002
    812-1123-015,02/02,Seq:700
  • IRIX 6.5 Foundation 1
    812-0759-002,06/98,Seq:200
  • IRIX 6.5 Foundation 2
    812-0760-002,06/98,Seq:201
  • IRIX 6.5 Applications February 2002
    812-0877-015,02/02,Seq:220
  • IRIX 6.5 Development Libraries
    812-0766-003,02/02,Seq:300
  • IRIX Language Support WorldView Japanese 6.5.14 November 2001
    812-0790-008,11/01,Seq:700
  • IRIX 6.5 Development Foundation
    812-0757-002,06/98,Seq:700
  • ONC3/NFS Version 3 for IRIX6.2,6.3,6.4 and 6.5
    812-0774-002,05/99,Seq:700

ドキュメント、フリーソフト、デモなど

  • Freeware[part 1 of 3] February 2002
    812-0773-015,02/02,Seq:700
  • Freeware[part 2 of 3] February 2002
    812-0964-015,02/02,Seq:700
  • Freeware[part 3 of 3] February 2002
    812-1085-015,02/02,Seq:700
  • IRIX 6.5.15 Base Documentation February 2002
    812-0779-015,02/02,Seq:999
  • IRIX Language Support WorldView Japanese Books for IRIX 6.5.4
    812-0822-002,07/99,Seq:700
  • O2 Out of Box Experience 2.4 for IRIX 6.5 and later
    812-0782-003,02/00,Seq:700
  • Silicon Graphics General & Platform Demos 6.5.12 [1-of-2]
    812-1066-002,05/01,Seq:700
  • Silicon Graphics General & Platform Demos 6.5.12 [2-of-2]
    812-1086-002,05/01,Seq:700
  • SNMP Access to HP-UX MIB 1.1.3 for IRIX 6.5 and later
    812-0783-002,12/99,Seq:700
  • Teleffect 1.0 for IRIX 6.2,6.3,6.4,6.5 for Microsoft NT4.0
    812-0881-001,11/98,Seq:700
  • SCSL Scientific Library 1.3 for IRIX 6.4 and 6.5
    812-0653-003,07/00,Seq:700
  • HOT MIX 19 FEATURING SOLUTIONS FOR SILICON GRAPHICS
    009-0783-008,6/98

解説

IRIX 6.5はベース部分+アップデートという形でCD-ROMが提供されている。このアップデート部分はOverlayと呼ばれる。SGIのサイトからアップデートパッチをダウンロードできるが、それは上記の内、Overlayの表記があるものの部分に当たる。

ベース部分
Foundation 1, Foundation 2
Development Libraries
Development Foundations
ONC3/NFS
アップデート部分
Overlays

それ以外にのアップデート部分としては、ApplicationsとWorldViewがある。こちらはCD-ROM内にフルバージョンのソフトウェアが入っているため、単体でのインストールが可能である。Applicationsは6.5.xというバージョン表記は無く、リリース時期のみ記載となっている。WorldViewは6.5.xといったバージョン表記があるが、時折WorldViewのみバージョンアップせず、1つ前のバージョンのものが入っている場合があるが、それは正常である。

インストール方法

IRIX6.5.xのインストールを行なう際は、まず、Installation toolsのメディアでブートを行なう。操作の大半はIRIX5.3の場合と似ているが、CD-ROMを読み込ませる際の手順が異なる。

qmail on SunOS


qmailをSunOS4.1.4JLEのマシンに入れてみようとした。
が、いきなりいろいろなシンボルのundefinedエラー。
なんだろ~?と探してみたところ、次のライブラリを指定する必要がありました。
「resolv, nsl, l44bsd」
dns.libというファイルに
-lresolv -l44bsd
socket.libというファイルに
-lnsl
とかいてやってmakeするとうまくいきました。

IRIX6.5.11資料


大学時代の研究室のサーバに20年以上置きっ放しのコンテンツだったのですが、この度、サーバが無くなる、ということで、こちらにコピーしておきます。

元のタイムスタンプ: 5月 24 19:09:48 2001 irix6511.html


CD-ROM一覧

SGI O2 2001年2月中旬以降の出荷分に添付されていたIRIX 6.5.11のパッケージは以下のもので構成されている。

今回のバージョンから/usr/demosにインストールされるデモソフトウェアがApplicationCD-ROMからDemo用のCD-ROM(Silicon Graphics General and O2 Demos)に移動になったので、デモを使用する際は別途インストールすることになる。

システム関連のCD-ROM

  • IRIX 6.5.11 Installation Tools and Overlays[1of3] February 2001
    812-0818-011,02/01,Seq:100
  • IRIX 6.5.11 Overlay[2of3] February 2001
    812-0819-011,02/01,Seq:100
  • IRIX 6.5.11 Overlay[3of3] February 2001
    812-0817-011,02/01,Seq:150
  • IRIX 6.5 Foundation 1
    812-0759-002,06/98,Seq:200
  • IRIX 6.5 Foundation 2
    812-0760-002,06/98,Seq:201
  • IRIX 6.5 Applications February 2001
    812-0877-010,02/01,Seq:220
  • IRIX 6.5 Development Libraries
    812-0766-002,06/98,Seq:300
  • IRIX Language Support WorldView Japanese 6.5.10 November 2000
    812-0790-006,11/00,Seq:700
  • IRIX 6.5 Development Foundation
    812-0757-002,06/98,Seq:700
  • ONC3/NFS Version 3 for IRIX6.2,6.3,6.4 and 6.5
    812-0774-002,05/99,Seq:700

ドキュメント、フリーソフト、デモなど

  • Freeware[part 1 of 2] February 2001
    812-0773-011,02/01,Seq:700
  • Freeware[part 2 of 2] February 2001
    812-0964-011,02/01,Seq:700
  • IRIX 6.5.11 Base Documentation February 2001
    812-0779-011,02/01,Seq:999
  • IRIX Language Support WorldView Japanese Books for IRIX 6.5.4
    812-0822-002,07/99,Seq:700
  • O2 Out of Box Experience 2.4 for IRIX 6.5 and later
    812-0782-003,02/00,Seq:700
  • Silicon Graphics General and O2 Demos for IRIX 6.5.11
    812-1066-001,02/01,Seq:700
  • SNMP Access to HP-UX MIB 1.1.3 for IRIX 6.5 and later
    812-0783-002,12/99,Seq:700
  • Teleffect 1.0 for IRIX 6.2,6.3,6.4,6.5 for Microsoft NT4.0
    812-0881-001,11/98,Seq:700
  • SCSL Scientific Library 1.3 for IRIX 6.4 and 6.5
    812-0653-003,07/00,Seq:700
  • HOT MIX 19 FEATURING SOLUTIONS FOR SILICON GRAPHICS
    009-0783-008,6/98

解説

IRIX 6.5はベース部分+アップデートという形でCD-ROMが提供されている。このアップデート部分はOverlayと呼ばれる。SGIのサイトからアップデートパッチをダウンロードできるが、それは上記の内、Overlayの表記があるものの部分に当たる。

ベース部分
Foundation 1, Foundation 2
Development Libraries
Development Foundations
ONC3/NFS
アップデート部分
Overlays

それ以外にのアップデート部分としては、ApplicationsとWorldViewがある。こちらはCD-ROM内にフルバージョンのソフトウェアが入っているため、単体でのインストールが可能である。Applicationsは6.5.xというバージョン表記は無く、リリース時期のみ記載となっている。WorldViewは6.5.xといったバージョン表記があるが、時折WorldViewのみバージョンアップせず、1つ前のバージョンのものが入っている場合があるが、それは正常である。

インストール方法

IRIX6.5.xのインストールを行なう際は、まず、Installation toolsのメディアでブートを行なう。操作の大半はIRIX5.3の場合と似ているが、CD-ROMを読み込ませる際の手順が異なる。

IRIX 5.3の種類に付いて


大学時代の研究室のサーバに20年以上置きっ放しのコンテンツだったのですが、この度、サーバが無くなる、ということで、こちらにコピーしておきます。

元のタイムスタンプ: 5月 24 19:09:41 2001 irix53.html


SGI IRIX version5.3には様々な種類が存在している。それぞれ以下の様な違いがあるらしい。なお、内容が正しいかどうかは不明。

種類

IRIX5.3の種類一覧
CD-ROMタイトル P/N リリース時期 uname -r versions -b eoe1 その他
IRIX 5.3 812-0119-006 12/94 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3
IRIX 5.3 with XFS 812-0323-001 12/94 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 with XFS
IRIX 5.3 for Indy R4400 175MHz 812-0336-001 2/95 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 for 175MHz INDY
IRIX 5.3 for Indigo2 with Presenter 1.0 812-0339-001 5/95 5.3 ? *1
IRIX 5.3 with 175MHz and 2MB cache support 812-0119-008 8/95 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 *2
IRIX 5.3 for Indy R4000,R4400,R4600(100-200MHz) 812-0336-001 8/95 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 for 175MHz INDY
IRIX 5.3 with Presenter 175MHz and 2MB cache 812-0339-002 9/95 5.3-ALPHA-1022335120 ? *3
IRIX 5.3 for Indigo2 IMPACT 812-0119-009 9/95 5.3 ? *4
IRIX 5.3 for Indy Dual Head Graphics Upgrade Option 812-0336-003 10/95 5.3 ? *5
IRIX 5.3 All Indigo2 IMPACT 812-0119-010 12/95 5.3 ? *6
IRIX 5.3 for Indy including R5000 812-0336-004 2/96 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 Indy R5000
IRIX 5.3 XFS for Indy including R5000 812-0336-005 5/96 5.3 IRIX Execution Environment 1, 5.3 INDY R5000 with XFS
  1. versions -n eoe1.sw.unix が 1022099720
  2. versions -n eoe1.sw.unix が 1022270320
  3. uname -r でALPHAと表示されるが正規版
  4. versions -n eoe1.sw.unix が 1022372333
  5. versions -n eoe1.sw.unix が 1022452520
  6. versions -n eoe1.sw.unix が 1022585737

対応機種

  • IRIX 5.3
    Professional Series
    Power Series
    Personal IRIS
    Indigo
    Indigo2
    Crimson
    CHALLENGE/Onyx
    100MHz,150MHz,200MHz
    Indy
    R4000 100MHz
    R4400 150MHz
    R4600 100MHz
    CHALLENGE S
    R4400 150MHz
    R4600 100MHz
  • IRIX 5.3 with XFS

    基本的にIRIX5.3と同じ

  • IRIX 5.3 for Indy R4400 175MHz
    Indy/CHALLENGE S
    R4000,R4400,R4600の100MHz,150MHz,175MHz,200MHz
  • IRIX 5.3 for Indigo2 with Presenter 1.0
    Indigo2
    R4x00でXL,XZ,Elan,Extremeの載ったもの
  • IRIX 5.3 with 175MHz and 2MB cache support
    Indigo2
    R4400 175MHz/200MHz 2MBキャッシュモデルをIndigo2で使うためのもの
  • IRIX 5.3 for Indy R4000,R4400,R4600(100-200MHz)
    実はIRIX 5.3 for Indy R4400 175MHzと同じ物。
  • IRIX 5.3 with Presenter 175MHz and 2MB cache
    Indogo2 Presenter
    R4400 175MHz/200MHz 2MBキャッシュモデルをPresenterが載っているIndigo2で使うためのもの
  • IRIX 5.3 for Indigo2 IMPACT
    Indigo2 IMPACT
    IMPACTグラフィックボードが載ったIndigo2
  • IRIX 5.3 for Indy Dual Head Graphics Upgrade Option
    Indy
    R4x00上でデュアルヘッドグラフィックを使用するためのもの
  • IRIX 5.3 All Indigo2 IMPACT
    Indigo2
    Solid IMPACT,Maximum IMPACTグラフィックが載ったIndigo2
  • IRIX 5.3 for Indy including R5000
    Indy, CHALLENGE S
    R4X00,R5000
  • IRIX 5.3 XFS for Indy including R5000
    Indy, CHALLENGE S
    R4X00,R5000

おまけ

  • IRIX 6.2
    Indigo2以前のプラットフォーム
    R4x00,R5000,R8000
  • IRIX 6.2 with Indigo2 IMPACT 10000
    Indigo2
    R4x00,R8000,R10000