Category Archives: スクリプト

ネットワーク上にあるhpサーバのiLO IPアドレスとライセンスを収集するスクリプト


hpサーバをリモートから制御するために使用するiLO。
稼働させたあとにIPアドレスを確認するのがめんどくさい。
そういう場合に、総当たりでiLOのIPアドレスを確認するスクリプトがあった。

NachoTech Blogの「How to find all the iLO’s on your network」にあるfindilosである。

早速ダウンロードして実行してみる。

[root@adserver ~]# ./findilos 172.17.17.0/24
Scanning...
--------------- ------ -------- ------------ -------------------------
iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model
--------------- ------ -------- ------------ -------------------------
172.17.17.xxx   N/A    1.26     CN71xxxMxx   ProLiant DL360 G7
1 iLOs found on network target 172.17.17.0/24
[root@adserver ~]#

iLO HWのモデル名は拾ってくれない。
blogのコメントを確認していくと、元のスクリプトはiLO-2までしか対応しておらず、その後のバージョンについてはコメント欄にある修正を実施すれば良いようだ。

また、iLO Advanceを買っている場合に、そのライセンスコードを表示するための案も提示されていた。
ただ、スクリプト例は汚い実装となっていて、せっかくの元スクリプトを活かしていない形だったので、元スクリプトの実装に従ってライセンスを表示するバージョンを作成した。

その実行例がこちら

[root@adserver ~]# ./findilos 172.17.17.0/24
Scanning...
--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------
iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model              iLO Edition          iLO Licence Key
--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------
172.17.17.xxx   iLO-3  1.26     CN71xxxMxx   ProLiant DL360 G7         iLO 3 Advanced       xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxx-xxxxx
1 iLOs found on network target 172.17.17.0/24
[root@adserver ~]#

スクリプトの修正例は以下

#!/bin/bash
#
# findilos - Search a local network segment for iLOs
#            The iLO is the Integrated Lights-Out management processor
#            used on HP ProLiant and BladeSystem servers
#
scriptversion="1.0"
#
# Author: iggy@nachotech.com
#
# Website: http://blog.nachotech.com
#
# Requires: tr sed expr curl nmap
#
# Tested with: Nmap 4.20, curl 7.17.1, RHEL4
#
# Note: Discovery of an iLO is dependent upon the Virtual Media port
#       being set to the default of 17988.  If this has been changed
#       by the iLO administrator, then this script will NOT find it.
#
#       Also, if the iLO XML Reply Data Return has been Disabled by
#       the iLO administrator, this script will not be able to
#       gather any information about the server.  It will still be
#       discovered, but all you will see is its IP address.
#
# GLOBAL VARIABLES
scriptname="findilos"
iloips="/tmp/tmpilos.$$"
iloxml="/tmp/tmpiloxml.$$"
ilohwvers="/tmp/tmpilohwvers.$$"
declare -i ilosfound=0
# FUNCTIONS
function parseiloxml {
  fgrep "$1" $iloxml > /dev/null 2>&1
  if [ $? -ne 0 ]
  then
    # tag not found in xml output, return empty string
    parsedstring="N/A"
  else
    # tag was found - now we parse it from the output
    tempstring=$( cat $iloxml | tr -d -c [:print:] | sed "s/^.*<$1>//" | sed "s/<.$1.*//")
    # trim off leading and trailing whitespace
    parsedstring=`expr match "$tempstring" '&#91; \t&#93;*\(.*&#91;^ \t&#93;\)&#91; \t&#93;*$'`
  fi
}
function is_installed {
  which $1 > /dev/null 2>&1
  if [ $? -ne 0 ]
  then
    printf "\nERROR: %s not installed.\n\n" $1
    exit 255
  fi
}
# MAIN
# check for tools that we depend upon
is_installed tr
is_installed sed
is_installed expr
is_installed curl
is_installed nmap
# check syntax - should have 1 and only 1 parameter on cmdline
if [ $# -ne 1 ]; then
  printf "%s %s ( http://blog.nachotech.com/ )\n" $scriptname $scriptversion
  printf "Usage: %s {target network specification}\n" $scriptname
  printf "TARGET NETWORK SPECIFICATION:\n"
  printf "  Can pass hostnames, IP addresses, networks, etc.\n"
  printf "  Ex: server1.company.com, company.com/24, 192.168.0.1/16, 10.0.0-255.1-254\n"
  printf "EXAMPLE:\n"
  printf "  %s 16.32.64.0/22\n" $scriptname
  exit 255
fi
iprange=$1
# prepare lookup file for iLO hardware versions
cat > $ilohwvers << EOF
iLO-1 shows hw version ASIC:  2
iLO-2 shows hw version ASIC:  7
iLO-3 shows hw version ASIC: 8
iLO-3 shows hw version ASIC: 9
iLO-4 shows hw version ASIC: 12
iLO-4 shows hw version ASIC: 16
i-iLO shows hw version T0
EOF
#
# scan a range of IP addresses looking for an
# open tcp port 17988 (the iLO virtual media port)
#
printf "Scanning..."
nmap -n -P0 -sS -p 17988 -oG - $iprange | fgrep /open/ | awk '{print $2}' > $iloips
printf "\n\n"
#
# open and read the list of IP addresses one at a time
#
exec 3< $iloips
echo "--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------"
echo "iLO IP Address  iLO HW iLO FW   Server S/N   Server Model              iLO Edition          iLO Licence Key"
echo "--------------- ------ -------- ------------ ------------------------- -------------------- -----------------------------"
while read iloip <&3 ; do
  ilosfound=$ilosfound+1
  #
  # attempt to read the xmldata from iLO, no password required
  #
  curl --proxy "" --fail --silent --max-time 3 http://$iloip/xmldata?item=All > $iloxml
  #
  # parse out the Server model (server product name)
  # from the XML output
  #
  parseiloxml SPN;  servermodel=$parsedstring
  parseiloxml SBSN; sernum=$parsedstring
  parseiloxml PN;   ilotype=$parsedstring
  parseiloxml FWRI; ilofirmware=$parsedstring
  parseiloxml HWRI; ilohardware=$parsedstring
  ilohwver=$(grep "$ilohardware" $ilohwvers|awk '{print $1}')
  if [ "$ilohwver" == "" ]; then
    ilohwver="N/A"
  fi
  if [ "$sernum" == "" ]; then
    sernum="N/A"
  fi
  # add start
  curl --proxy "" --fail --silent --max-time 3 http://$iloip/xmldata?item=CpqKey > $iloxml
  parseiloxml LNAME; ilomodel=$parsedstring
  parseiloxml KEY; ilokey=$parsedstring
  # add end
  printf "%-15s %-6s %-8s %-12s %-25s %-20s %-30s\n" $iloip "$ilohwver" "$ilofirmware" "$sernum" "$servermodel" "$ilomodel" "$ilokey"
done
printf "\n%d iLOs found on network target %s.\n\n" $ilosfound $iprange
rm -f $iloips $iloxml $ilohwvers
exit 0

Windowsバッチファイルでping応答の違いで動作をかえる


Windowsバッチファイルで、指定IPアドレスから応答がなくなったら次の作業を実施する、という処理をやりたかったので作った。

普通にping実行時のERRORLEVELを見ればいいか、と思っていたが、試験した環境では応答があってもなくてもERRORLEVEL0だったので判別ができなかった・・・
調べたところ「otnx.jpのコマンド別/ping」に調査した結果と回避方法があったのでそれを使った。

ちなみにotnx.jpではfindで「bytes=32」を引っかけていたが、日本語環境だと「 バイト数 =32」になってしまうが、バッチには書きたくなかったので、その後ろにある「ms TTL=」の方を引っかけるようにした。

・停止待ちバッチファイル
応答がなかったら終了。
応答があったら3回繰り返す

@echo off
set COUNT=0
:error
set /a COUNT=COUNT+1
echo %COUNT%
if "%COUNT%" == "3" goto errorout
ping -n 1 IPアドレス | find "ms TTL=" > NUL
if ERRORLEVEL 1 goto notrespond
timeout /t 5  > nul
goto error
:notrespond
echo host stopped
goto end
:errorout
echo host not stop
:end

・起動待ちバッチファイル
ping応答がなかったら3回繰り返してみる

@echo off
set COUNT=0
:error
set /a COUNT=COUNT+1
if "%COUNT%" == "3" goto errorout
ping -n 1 IPアドレス | find "ms TTL=" > NUL
if ERRORLEVEL 1 goto error
echo host working
goto end
:errorout
echo host not working
:end

IIJmioクーポンスイッチAPIを使って使用量グラフ作成


IIJmioクーポンスイッチAPI」というものが公開された。

AndroidアプリからこのAPIを使う、というのが想定されている使われ方だと思うんですが、違う使い方をしてみた。
というのは、「データ利用量照会」という機能を見つけ、これを利用すれば1年分のデータ使用量グラフが作れる、と思ったからです。

幸い、常時起動のサーバがあるので、そいつに仕込めばいいか、と、やってみました。

まずは、完成品をご覧ください。
test

現在SIMを4枚もっているので、こんなグラフになっています。
メインで使ってるのがSIM2、SIM4はSMS対応のものでテストに使用。
SIM3はうちの奥さんに渡しているもの、SIM1は実家においてあるルータ、という感じです。

さて、このグラフ作るまでに行ったことですが、まず最初はアクセストークン取得です。
いろいろ悩んだんですが、適当な手法をとっています。

まず、redirect_uriとして適当なCGIを作りました。

#!/usr/bin/perl
print "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n\n";
print "test\n";

えぇ、適当過ぎますね。

そして、普通のHTMLを作ります。

<html>
<head>
<title>iijmio</title>
</head>
<body>
<a href="https://api.iijmio.jp/mobile/d/v1/authorization/?response_type=token&client_id=<DeveloperID>&state=test&redirect_uri=http%3A%2F%2F~.osakana.net%2Ftest.cgi">go to IIJMIO</a>
</body>
</html>

redirect_uriには、先ほど作成した適当なCGIのアドレスを記載します。

ブラウザで作成したhtmlにアクセスし、IIJmioの認証を行い、正常に通ると、redirect_uriに指定したURLに対して、戻ってきます。
ブラウザのURL欄に表示された文字列から「access_token=~」という記述を見つけ、アクセストークンを取得します。
ちなみに、このアクセストークン、7776000秒有効です。つまり90日間です。
IIJmio側に30日分のデータが保管されているので120日以内に1回手動で更新すればいいか、と考え、テキトーな実装になっています。

次に、利用量取得のperlスクリプト作成。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use LWP;
use URI::Escape;
use JSON;
use Time::Local;
my $lwpua = LWP::UserAgent->new;
my $url="https://api.iijmio.jp/mobile/d/v1/log/packet/";
my $developerid="<DeveloperID>";
my $usertoken  ="<アクセストークン>";
my $lwpreq = HTTP::Request->new(GET => "$url");
$lwpreq->header("X-IIJmio-Developer" => "$developerid");
$lwpreq->header("X-IIJmio-Authorization" => "$usertoken");
my $lwpres= $lwpua->request($lwpreq);
my $data = decode_json($lwpres->content);
for(my $i=0;$i<@{$data->{packetLogInfo}};$i++){
        #print $i . ":" . $data->{packetLogInfo}->[$i]->{hddServiceCode} ."\n";
        my $hddServiceCode=$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hddServiceCode};
        for(my $j=0;$j<@{$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}};$j++){
                #print $i . "-" . $j . ":" . $data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{hdoServiceCode} . "\n";
                my $hdoServiceCode=$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{hdoServiceCode};
                if(! -f "$hdoServiceCode.rrd"){
                      print "rrdtool create $hdoServiceCode.rrd --start 1384786740 --step 86400 DS:withCoupon:GAUGE:86400:0:U DS:withoutCoupon:GAUGE:86400:0:U RRA:LAST:0.5:1:100000 \n";
                      system("rrdtool create $hdoServiceCode.rrd --start 1384786740 --step 86400 DS:withCoupon:GAUGE:86400:0:U DS:withoutCoupon:GAUGE:86400:0:U RRA:LAST:0.5:1:100000");
                }
                for(my $k=0;$k<@{$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}};$k++){
                      #print "   " . $data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{date} ;
                      #print ":" . $data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{withCoupon} ;
                      #print ":" . $data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{withoutCoupon} ;
                      #print "\n";
                      my $d=$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{date};
                      my $year = substr($d,0,4);
                      my $mon  = substr($d,4,2) - 1;
                      my $mday = substr($d,6,2);
                      my $unixtime = timelocal(0,59,23,$mday,$mon,$year);
                      my $withCoupon=$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{withCoupon};
                      my $withoutCoupon=$data->{packetLogInfo}->[$i]->{hdoInfo}->[$j]->{packetLog}->[$k]->{withoutCoupon};
                      print "rrdtool update $hdoServiceCode.rrd $unixtime:$withCoupon:$withoutCoupon \n";
                      system("rrdtool update $hdoServiceCode.rrd $unixtime:$withCoupon:$withoutCoupon");
                }
        }
}

これを「get.pl」というファイル名で保存します。
実行すると、「hdo810xxxxx.rrd」というような感じのファイルがSIMカード分作成されます。
なお、手抜きをしているので、2回目以降は、同じ値を入力しようとし、「ERROR: hdo8371xxxx.rrd: illegal attempt to update using time 1387378740 when last update time is 1387378740 (minimum one second step)」みたいなエラーがでてしまいますが、仕様です。
また、rrdtoolは一度登録した情報の更新ができない構造をしているので、日付が変わる直前に実行することを推奨します。

で・・・グラフ作成は以下の様な感じで、情報取得と連続で行わせています。
現在SIMが4枚あるので、4枚分を集計しています。
クーポン使用の有無は区別せず合算としています。

#!/bin/bash
cd /home/~/mio
./get.pl
rrdtool graph iijmio-use.png --imgformat=PNG --end now --start end-1months \
--vertical-label "MB" \
--title="IIJmioの使用量" \
DEF:SIM1C=hdo8038xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM1N=hdo8038xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM2C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM2N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM3C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM3N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM4C=hdo8371xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM4N=hdo8371xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
CDEF:SIM1=SIM1C,SIM1N,+ \
CDEF:SIM2=SIM2C,SIM2N,+ \
CDEF:SIM3=SIM3C,SIM3N,+ \
CDEF:SIM4=SIM4C,SIM4N,+ \
LINE1:SIM1#0000FF:"SIM1" \
LINE2:SIM2#00FFFF:"SIM2" \
LINE3:SIM3#00FF00:"SIM3" \
LINE4:SIM4#F00F00:"SIM4"

で、これをサーバのcrontabに突っ込んで、23:58に実行する設定しました。
さて、これでちゃんと更新し続けてくれるといいのですが・・・


2013/12/24追記

しばらく運用してみた結果、見にくかったので、グラフ作成については、以下の様に変更した。

rrdtool graph iijmio-use.png --imgformat=PNG \
--height=300 \
--lower-limit=0 \
--end now --start end-1months \
--vertical-label "MB" \
--title="IIJmioの使用量" \
DEF:SIM1C=hdo8038xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM1N=hdo8038xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM2C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM2N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM3C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM3N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM4C=hdo8371xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM4N=hdo8371xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
CDEF:SIM1=SIM1C,SIM1N,+ \
CDEF:SIM2=SIM2C,SIM2N,+ \
CDEF:SIM3=SIM3C,SIM3N,+ \
CDEF:SIM4=SIM4C,SIM4N,+ \
LINE2:SIM1#0000FF:"SIM1" \
LINE2:SIM2#00FFFF:"SIM2" \
LINE2:SIM3#00FF00:"SIM3" \
LINE2:SIM4#F00F00:"SIM4"

iijmio2

「LINE数字:~」の数字部分の意味を取り違えていたという・・・太さの意味だったか・・・


2014/12/19追記

作ってから約1年が経過しました。
最近はこんなグラフにしています。(横軸のめもりを日付にした)

rrdtool graph iijmio-use.png --imgformat=PNG \
--height=300 \
--lower-limit=0 \
--end now --start end-2months \
--vertical-label "MB" \
--x-grid DAY:1:WEEK:1:WEEK:1:0:%m/%d \
--title="IIJmioの使用量" \
DEF:SIM1C=hdo8038xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM1N=hdo8038xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM2C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM2N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM3C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM3N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM4C=hdo8371xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM4N=hdo8371xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
CDEF:SIM1=SIM1C,SIM1N,+ \
CDEF:SIM2=SIM2C,SIM2N,+ \
CDEF:SIM3=SIM3C,SIM3N,+ \
CDEF:SIM4=SIM4C,SIM4N,+ \
LINE2:SIM1#0000FF:"SIM1" \
LINE2:SIM2#00FFFF:"SIM2" \
LINE2:SIM3#00FF00:"SIM3" \
LINE2:SIM4#F00F00:"SIM4"

mio-20141219

そして、1年分

rrdtool graph iijmio-use-year.png --imgformat=PNG \
--height=300 \
--width=600 \
--lower-limit=0 \
--end now --start end-14months \
--vertical-label "MB" \
--x-grid WEEK:1:MONTH:1:MONTH:1:0:%m/%d \
--title="IIJmioの1年分使用量" \
DEF:SIM1C=hdo8038xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM1N=hdo8038xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM2C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM2N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM3C=hdo8100xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM3N=hdo8100xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
DEF:SIM4C=hdo8371xxxx.rrd:withCoupon:LAST \
DEF:SIM4N=hdo8371xxxx.rrd:withoutCoupon:LAST \
CDEF:SIM1=SIM1C,SIM1N,+ \
CDEF:SIM2=SIM2C,SIM2N,+ \
CDEF:SIM3=SIM3C,SIM3N,+ \
CDEF:SIM4=SIM4C,SIM4N,+ \
LINE2:SIM1#0000FF:"SIM1" \
LINE2:SIM2#00FFFF:"SIM2" \
LINE2:SIM3#00FF00:"SIM3" \
LINE2:SIM4#F00F00:"SIM4"

test-year-20141219

おまけ:上記のグラフの利用率変動の解説。

SIM1はミニマムスタートプラン、SIM2/3/4はファミリーシェアプランで、SIM3はmicroSIM、SIM4はnanoSIM/SMS付。

・2013/12頃
 メイン機CP-D02:SIM2
 偽iPhone5s(Thunderbird i5s):SIM4
 奥さんのP-01D:SIM3
 奥さん実家の緊急用ルータ:SIM1
・2014/01頃
 ほとんど使用されていないSIM1の容量がもったいないので入れ替え
 メイン機CP-D02:SIM2→SIM1
 奥さん実家の緊急用ルータ:SIM1→SIM2
 偽iPhone5s(Thunderbird i5s):SIM4
 奥さんのP-01D:SIM3
・2014/02頃の変更点
 Thunderbid i5sの液晶を割ったので余ったSMS付SIM4をメイン機へ 
 メイン機CP-D02:SIM1→SIM4
 奥さん実家の緊急用ルータ:SIM2
 奥さんのP-01D:SIM3
・2014/03頃の変更点
 Covia CP-F03aが来たのでがんばって使用開始。
 それに伴い余剰になったCovia CP-D02を奥さんのに充当
 メイン機CP-F03a:SIM4 & SIM1
 奥さん実家の緊急用ルータ:SIM2
 奥さんのCP-D02:SIM3
・2014/06頃の変更点
 JIAYU F1購入。使い勝手が良かったので、メイン機に変更。
 メイン機JIAYU F1:SIM4
 予備機CP-F03a:SIM1
 奥さん実家の緊急用ルータ:SIM2
 奥さんのCP-D02:SIM3

・2014/11頃の変更点
 GMOBBのWiMAXを使い始めたのでメイン機SIM4の使用量低下

・2014/12頃の変更点
 自宅のフレッツが微妙に不安定なことが多いので、奥さんCP-D02のWiFiをオフにしてみた。

vSphere ESXのパス選択方法の変更


IBM SVCなるものを導入し、VMware vSphere ESX/ESXiで使用することになったわけだが、設定に微妙な点がある。
それは、ESX/ESXi側でマルチパスの設定変更が必要だと言うこと。

まず、現状、どんな設定になっているのかを確認してみる。
ESX/ESXiにsshでログインして「esxcli nmp device list」と実行。

~ # esxcli nmp device list
naa.xxxxxxxxxxxxxxe9d80000000000002d
    Device Display Name: IBM Fibre Channel Disk (naa.xxxxxxxxxxxxxxe9d80000000000002d)
    Storage Array Type: VMW_SATP_SVC
    Storage Array Type Device Config: SATP VMW_SATP_SVC does not support device configuration.
    Path Selection Policy: VMW_PSP_FIXED
    Path Selection Policy Device Config: {preferred=vmhba2:C0:T3:L11;current=vmhba2:C0:T3:L11}
    Working Paths: vmhba2:C0:T3:L11
ずらずら~
~ # 

マルチパスに関する設定は「Path Selection Policy」がソレになる。

現状は「VMW_PSP_FIXED」となっている。
これは、とりあえずアクセスできたパスをずっと使い続け、そのパスが死んだ時に初めて違うパスを使ってみよう、という「固定」の方法。

次に、ESX/ESXiで設定できるマルチパスの方式としてどんなものがあるのか?というのを確認してみる。
それは「esxcli nmp psp list」コマンドを実行する。

~ # esxcli nmp psp list
Name              Description
VMW_PSP_FIXED_AP  Fixed Path Selection with Array Preference
VMW_PSP_MRU       Most Recently Used Path Selection
VMW_PSP_RR        Round Robin Path Selection
VMW_PSP_FIXED     Fixed Path Selection
~ # 

方式としては4種類あることが分かる。
それぞれについて簡単に解説をすると・・・

・「VMW_PSP_MRU / 最近の使用」
最近使ったパスを優先して使う。
Active/Passive型RAIDの場合の標準設定。
LSI Logic OEM系のRAIDだとコレ。IBM DS3xxx、DS4xxxx、DS5xxxが該当になるはず。

・「VMW_PSP_FIXED / 固定」
最初にアクセスできたパスをずっと使い続け、そのパスが死んだ時に初めて違うパスを使ってみようかな。という感じの使い方。
そして、最初にアクセスしたパスが復旧したら、まだ戻る。
Active/Active型RAIDの場合の標準設定。

・「VMW_PSP_FIXED_AP」
基本はVMW_PSP_FIXEDと同じだが、Active/Passive型RAIDや、ALUAモード対応RAIDにも対応させた形式。
ちなみにALUAとは非対称論理ユニットアクセス(Asymmetric Logical Unit Access)で、SCSI SPC-3の使用として規定されたI/Oパス決定の仕組みです。
詳しく知りたい人はEMC CLARiX 非対称アクティブ/アクティブ機能(ALUA)詳細レビューで解説されているので、参考にしてください。

・「VMW_PSP_RR / ラウンド ロビン」
複数あるパス間で、バランスを取りながら使用していく形式。
Active/Active型のRAIDでないと使えない形式。

という感じになる。


以前のIBM SVCはマルチパスの仕組みがちょっといけてないところがあったようですが、現在のIBM SVCではかなり改善されているようで、「VMW_PSP_RR」が使用できるようになっています。

しかし、設定の現状をみると「VMW_PSP_FIXED」。
まず、システムに登録されているストレージごとのパス利用方法の既定値(デフォルト)を確認するためには「esxcli nmp satp list」を実行する。

~ # esxcli nmp satp list
Name                 Default PSP       Description
VMW_SATP_SVC         VMW_PSP_FIXED     Supports IBM SVC
VMW_SATP_SYMM        VMW_PSP_FIXED     Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_MSA         VMW_PSP_MRU       Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_LSI         VMW_PSP_MRU       Placeholder (plugin not loaded)
<略>
~ # 

SVCの場合、「VMW_PSP_FIXED」と定義されているのがわかる。
調べてみると、IBM SVCの以前のバージョンでは固定だったらしい。

仕方が無いので手動で変更。
GUIから変更することも可能ではありますが、ディスク数が多いと、全部に対して手動で変更する必要があるので非常に大変です。

なので、コマンドを実行して変更するようにしましょう。

とりあえず、ESXiでsshログインを有効にしてから、sshでログインして、SANで認識されているディスクはすべてRound Robinに設定、というものすごくおおざっぱなコマンドを実行してみることにする。

for device in `esxcli nmp path list|grep "Device: "|awk '{ print $2 }' | grep naa`
do
	esxcli nmp device setpolicy --psp VMW_PSP_RR --device $device
done

解説
現行のVMware ESX/ESXi 4.0/4.1に置いて、SANのディスクは「naa.xxxxxxx~」という感じの名前で認識される。
なので、対象となるデバイス名を取り出して、それに対してパスを設定する、ということを行う。
といったもの。

エラー処理とかは一切考えていないので、ちゃんと設定できたかどうかは別途確認してください。

inotifywaitを使ってプログラム終了を検知する


Linux kernelにinotifyが組み込まれている環境では、inotify-tools パッケージ のinotifywaitを使って、パラレル実行した結果が全部終わるのを待ってから、次に進むようなスクリプトが作れるらしい。(kernel 2.6.13以降ならinotifyを使えるらしい)
inotify-tools

process1~process4までをいっぺんに並列実行して
それが全部終わったprocess5を実行させたい

#!/bin/bash
process1 &
process2 &
process3 &
process4 &
#ここで処理を待って
process5
exit

こんなスクリプトを書きたい場合・・・

#!/bin/bash
(process1; touch /tmp/myprocess/p1) &
(process2; touch /tmp/myprocess/p2) &
(process3; touch /tmp/myprocess/p3) &
(process4; touch /tmp/myprocess/p4) &
#ここで処理を待って
for i in {1..4}; do
  inotifywait -e CREATE -qq /tmp/myprocess/
done
process5
exit

説明!

  inotifywait -e CREATE -qq /tmp/myprocess/

ここは、/tmp/myprocess/ にファイルが作られたことを検知する。
/tmp/myprocess/ に何でもいいから1つファイルが作られるまで、待ちとなる。

この処理をfor文で4回繰り返している。つまり、ファイルが4つ作られるまでは、ここで待つことになる。

問題点
RHEL/CentOS5では、inotify-toolsが標準で入っていないこと。
コンパイルしてインストールする必要がある。

注!
このスクリプトは、例えば、100個ぐらい走らせたい処理があるけど、CPU coreが4つあるから、同時実行は4つとして、終わり次第次々に実行させていきたい。という場合には使えません。