Category Archives: Windows

GPD Pocketのクラウドファンディングが開始されたので投資してみた


GPD社による、クラウドファンディングPCの第2弾。GPD Pocketが、先ほどより開始されました。

GPD Winの時は、国内最速クラスでネタにしていたけど、タイミングが悪くてクラウドファンディングに参加出来なかったけど、今回は大丈夫だったぜ!

当時の発言、twitter社により検索除外されちゃってるから、ここで再掲載しておくか・・・

Power Shell Core 6.0をCentOS7で使ってみる


2017/02/01にPowerShell Core 6.0がLinux環境向けにもリリースされた
Installing latest PowerShell Core 6.0 Release on Linux just got easier!

PowerShellの開発はGithubの「https://github.com/PowerShell/PowerShell」で行われており、導入手順も書かれている。
github上の「Linux向けインストール手順」では、直接RPMファイル/debファイルを指定してインストールする、というものが記載されている。

しかし、「Installing latest PowerShell Core 6.0 Release on Linux just got easier!」の記事の中では、yumやaptなどでプログラムの更新をサポートする形でのインストール手順が示されている。

CentOS7だと下記のようになる

# curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/microsoft.repo
# yum install powershell
#

実際に実行してみると下記の様になります。

[root@blog ~]# curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/microsoft.repo
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   193  100   193    0     0    209      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   210
[root@blog ~]# yum install powershell
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
packages-microsoft-com-prod                              | 2.9 kB     00:00
packages-microsoft-com-prod/primary_db                     | 9.9 kB   00:00
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ powershell.x86_64 0:6.0.0_alpha.15-1.el7.centos を インストール
--> 依存性の処理をしています: uuid のパッケージ: powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libicu のパッケージ: powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libunwind のパッケージ: powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ libicu.x86_64 0:50.1.2-15.el7 を インストール
---> パッケージ libunwind.x86_64 2:1.1-5.el7_2.2 を インストール
---> パッケージ uuid.x86_64 0:1.6.2-26.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 Package   アーキテクチャー
                  バージョン                  リポジトリー                 容量
================================================================================
インストール中:
 powershell
           x86_64 6.0.0_alpha.15-1.el7.centos packages-microsoft-com-prod  39 M
依存性関連でのインストールをします:
 libicu    x86_64 50.1.2-15.el7               base                        6.9 M
 libunwind x86_64 2:1.1-5.el7_2.2             base                         56 k
 uuid      x86_64 1.6.2-26.el7                base                         55 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+3 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 46 M
インストール容量: 64 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
(1/4): uuid-1.6.2-26.el7.x86_64.rpm                        |  55 kB   00:00
(2/4): libunwind-1.1-5.el7_2.2.x86_64.rpm                  |  56 kB   00:00
(3/4): libicu-50.1.2-15.el7.x86_64.rpm                     | 6.9 MB   00:04
warning: /var/cache/yum/x86_64/7/packages-microsoft-com-prod/packages/powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64.rpm: Header V4 RSA/SHA256 Signature, key ID be1229cf: NOKEY
powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64.rpm の公開鍵がインストールされていません
(4/4): powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64.rpm   |  39 MB   00:21
--------------------------------------------------------------------------------
合計                                               2.2 MB/s |  46 MB  00:21
https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc から鍵を取得中です。
Importing GPG key 0xBE1229CF:
 Userid     : "Microsoft (Release signing) <gpgsecurity@microsoft.com>"
 Fingerprint: bc52 8686 b50d 79e3 39d3 721c eb3e 94ad be12 29cf
 From       : https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : uuid-1.6.2-26.el7.x86_64                        1/4
  インストール中          : 2:libunwind-1.1-5.el7_2.2.x86_64                2/4
  インストール中          : libicu-50.1.2-15.el7.x86_64                     3/4
  インストール中          : powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64   4/4
  検証中                  : powershell-6.0.0_alpha.15-1.el7.centos.x86_64   1/4
  検証中                  : libicu-50.1.2-15.el7.x86_64                     2/4
  検証中                  : 2:libunwind-1.1-5.el7_2.2.x86_64                3/4
  検証中                  : uuid-1.6.2-26.el7.x86_64                        4/4

インストール:
  powershell.x86_64 0:6.0.0_alpha.15-1.el7.centos

依存性関連をインストールしました:
  libicu.x86_64 0:50.1.2-15.el7         libunwind.x86_64 2:1.1-5.el7_2.2
  uuid.x86_64 0:1.6.2-26.el7

完了しました!
[root@blog ~]#

が・・・
私の環境では、いつもの癖で「ls」と実行してしまったら・・・

bash-4.2$ ls
11-0-1-0048_SAS_FW_Image_1-40-342-1650.zip  MegaSAS.log  sql  web  work
bash-4.2$ powershell
PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS /home/osakanataro> ls
11-0-1-0048_SAS_FW_Image_1-40-342-1650.zip  MegaSAS.log  sql  web  work
(ここで応答が無くなる)

ん???
UNIX系コマンドをPowerShellから実行した場合の動作に難有りなのかも?

PS /home/osakanataro> Get-Item *| ForEach-Object { $_ }


    Directory: /home/osakanataro


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-r---       2017/02/06     17:35                sql
d-----       2017/02/03     19:08                web
d-----       2017/02/03     19:19                work
------       2017/01/04     13:01        1528036 11-0-1-0048_SAS_FW_Image_1-40-
                                                 342-1650.zip
--r---       2017/01/04     13:07            390 MegaSAS.log

PS /home/osakanataro> dir


    Directory: /home/osakanataro


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-r---       2017/02/06     17:35                sql
d-----       2017/02/03     19:08                web
d-----       2017/02/03     19:19                work
------       2017/01/04     13:01        1528036 11-0-1-0048_SAS_FW_Image_1-40-
                                                 342-1650.zip
--r---       2017/01/04     13:07            390 MegaSAS.log


PS /home/osakanataro>

PwerShellらしいこと、ということで、下記の処理をやってみる

PS /home/osakanataro> $results=Get-Item *| ForEach-Object { $_ }
PS /home/osakanataro> $results | Export-Csv test.csv -Encoding UTF  (タブ補完で候補を出す)
UTF32  UTF7   UTF8
PS /home/osakanataro> $results | Export-Csv test.csv -Encoding UTF8 -No  (タブ補完で候補を出す)
NoClobber          NoOverwrite        NoTypeInformation
PS /home/osakanataro> $results | Export-Csv test.csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation
PS /home/osakanataro>

出力結果のcsvは、Windows上のPowerShellで実行した場合と同じ書式のモノとなりました。


以下はおまけ。
Microsoftのレポジトリとして指定されている「https://packages.microsoft.com/rhel/7/prod/」とか「https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/」を見ていくとなかなか面白い
https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server.repo」という用にCentOS7向けのMSSQL Serverっぽいレポジトリファイルがある。RPMファイルは「https://packages.microsoft.com/rhel/7/mssql-server/」にある。

MSSQL Serverのインストール手順については「Install SQL Server on Linux」を参照のこと。

vSphere PowerCLIの一部コマンドがPowerShell ISEで動作しない 2016/12/15版


1年前に「vSphere PowerCLIの一部コマンドがPowerShell ISEで動作しない」というのを書いた。

最近、環境を作り直すのと一緒にPowerShellを最新にして、そして、PowerCLIを最新の6.5にしてみた。(New Release: PowerCLI 6.5 R1)

以前と同じように、PowerShell ISE上で「Add-PSSnapin VMware.VimAutomation.Core」を実行すると、「Add-PSSnapin : No snap-ins have been registered for Windows PowerShell version 5.」というエラーが発生。
「Add-PSSnapin」は使わないようだ。

 C:\Users\test3> Add-PSSnapin VMware.VimAutomation.Core


Add-PSSnapin : No snap-ins have been registered for Windows PowerShell version 5.
At line:1 char:1
+ Add-PSSnapin VMware.VimAutomation.Core
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : InvalidArgument: (VMware.VimAutomation.Core:String) [Add-PSSnapin], PSArgumentException
    + FullyQualifiedErrorId : AddPSSnapInRead,Microsoft.PowerShell.Commands.AddPSSnapinCommand
 

 C:\Users\test3> 

代替はなんだろ?と確認すると「Import-Module -Name VMware.VimAutomation.Core」。

いままでスクリプトにAdd-PSSnapin~と書いていたところを、どちらでも対応できるように書き換えるとすると、下記のようになるだろうか?

if ( $PSVersionTable.PSVersion.Major -lt 5){
    Add-PSSnapin VMware.VimAutomation.Core
}else{
    Import-Module -Name VMware.VimAutomation.Core
}

下記は参考資料の実行ログ

PS C:\Users\test3> Get-Module

ModuleType Version    Name                                ExportedCommands                                                                           
---------- -------    ----                                ----------------                                                                           
Script     1.0.0.0    ISE                                 {Get-IseSnippet, Import-IseSnippet, New-IseSnippet}                                        
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Management     {Add-Computer, Add-Content, Checkpoint-Computer, Clear-Content...}                         
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Utility        {Add-Member, Add-Type, Clear-Variable, Compare-Object...}                                  



PS C:\Users\test3> Get-Module -ListAvailable


    Directory: C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules


ModuleType Version    Name                                ExportedCommands                                                                           
---------- -------    ----                                ----------------                                                                           
Binary     1.0.0.1    PackageManagement                   {Find-Package, Get-Package, Get-PackageProvider, Get-PackageSource...}                     
Script     1.0.0.1    PowerShellGet                       {Install-Module, Find-Module, Save-Module, Update-Module...}                               


    Directory: C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules


ModuleType Version    Name                                ExportedCommands                                                                           
---------- -------    ----                                ----------------                                                                           
Manifest   1.0.0.0    AppLocker                           {Set-AppLockerPolicy, Get-AppLockerPolicy, Test-AppLockerPolicy, Get-AppLockerFileInform...
Manifest   1.0.0.0    BitsTransfer                        {Add-BitsFile, Remove-BitsTransfer, Complete-BitsTransfer, Get-BitsTransfer...}            
Manifest   1.0.0.0    CimCmdlets                          {Get-CimAssociatedInstance, Get-CimClass, Get-CimInstance, Get-CimSession...}              
Script     1.0.0.0    ISE                                 {New-IseSnippet, Import-IseSnippet, Get-IseSnippet}                                        
Manifest   1.0.0.0    Microsoft.PowerShell.Archive        {Compress-Archive, Expand-Archive}                                                         
Manifest   3.0.0.0    Microsoft.PowerShell.Diagnostics    {Get-WinEvent, Get-Counter, Import-Counter, Export-Counter...}                             
Manifest   3.0.0.0    Microsoft.PowerShell.Host           {Start-Transcript, Stop-Transcript}                                                        
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Management     {Add-Content, Clear-Content, Clear-ItemProperty, Join-Path...}                             
Script     1.0        Microsoft.PowerShell.ODataUtils     Export-ODataEndpointProxy                                                                  
Manifest   3.0.0.0    Microsoft.PowerShell.Security       {Get-Acl, Set-Acl, Get-PfxCertificate, Get-Credential...}                                  
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Utility        {Format-List, Format-Custom, Format-Table, Format-Wide...}                                 
Manifest   3.0.0.0    Microsoft.WSMan.Management          {Disable-WSManCredSSP, Enable-WSManCredSSP, Get-WSManCredSSP, Set-WSManQuickConfig...}     
Manifest   1.0.0.0    NetworkSwitchManager                {Disable-NetworkSwitchEthernetPort, Enable-NetworkSwitchEthernetPort, Get-NetworkSwitchE...
Manifest   1.1        PSDesiredStateConfiguration         {Set-DscLocalConfigurationManager, Start-DscConfiguration, Test-DscConfiguration, Publis...
Script     1.0.0.0    PSDiagnostics                       {Disable-PSTrace, Disable-PSWSManCombinedTrace, Disable-WSManTrace, Enable-PSTrace...}     
Binary     1.1.0.0    PSScheduledJob                      {New-JobTrigger, Add-JobTrigger, Remove-JobTrigger, Get-JobTrigger...}                     
Manifest   2.0.0.0    PSWorkflow                          {New-PSWorkflowExecutionOption, New-PSWorkflowSession, nwsn}                               
Manifest   1.0.0.0    PSWorkflowUtility                   Invoke-AsWorkflow                                                                          
Manifest   1.0.0.0    TroubleshootingPack                 {Get-TroubleshootingPack, Invoke-TroubleshootingPack}                                      


    Directory: C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\PowerCLI\Modules


ModuleType Version    Name                                ExportedCommands                                                                           
---------- -------    ----                                ----------------                                                                           
Binary     6.0.0.0    VMware.DeployAutomation                                                                                                        
Binary     6.0.0.0    VMware.ImageBuilder                                                                                                            
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Cis.Core                                                                                                  
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Cloud                                                                                                     
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Common                                                                                                    
Binary     6.5.0.2... VMware.VimAutomation.Core           HookGetViewAutoCompleter                                                                   
Binary     6.0.0.0    VMware.VimAutomation.HA                                                                                                        
Binary     7.0.2.4... VMware.VimAutomation.HorizonView                                                                                               
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.License                                                                                                   
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.PCloud                                                                                                    
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Sdk            Get-PSVersion                                                                              
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Storage                                                                                                   
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Vds                                                                                                       
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.vROps                                                                                                     
Binary     6.0.0.0    VMware.VumAutomation                                                                                                           



PS C:\Users\test3> Import-Module -Name VMware.VimAutomation.Core

 C:\Users\test3> Get-Module

ModuleType Version    Name                                ExportedCommands                                                                           
---------- -------    ----                                ----------------                                                                           
Script     0.0        Initialize-VMware_VimAutomation_Cis                                                                                            
Script     1.0.0.0    ISE                                 {Get-IseSnippet, Import-IseSnippet, New-IseSnippet}                                        
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Management     {Add-Computer, Add-Content, Checkpoint-Computer, Clear-Content...}                         
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Utility        {Add-Member, Add-Type, Clear-Variable, Compare-Object...}                                  
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Cis.Core       {Connect-CisServer, Disconnect-CisServer, Get-CisService}                                  
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Common                                                                                                    
Binary     6.5.0.2... VMware.VimAutomation.Core           {Add-PassthroughDevice, Add-VirtualSwitchPhysicalNetworkAdapter, Add-VMHost, Add-VMHostN...
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Sdk            Get-PSVersion                                                                              



 C:\Users\test3> 

なお、PowerCLI 6.5を起動した場合に読み込まれているモジュール一覧は以下の通り

          Welcome to VMware PowerCLI!

Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer
To find out what commands are available, type:       Get-VICommand
To show searchable help for all PowerCLI commands:   Get-PowerCLIHelp
Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM
If you need more help, visit the PowerCLI community: Get-PowerCLICommunity

       Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.


PowerCLI C:\> Get-Module

ModuleType Version    Name                                ExportedCommands
---------- -------    ----                                ----------------
Script     0.0        Initialize-VMware.VimAutomation....
Script     0.0        Initialize-VMware.VimAutomation....
Script     0.0        Initialize-VMware.VimAutomation....
Script     0.0        Initialize-VMware_DeployAutomation
Script     0.0        Initialize-VMware_VimAutomation_Cis
Script     0.0        Initialize-VMware_VumAutomation
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Management     {Add-Computer, Add...
Manifest   3.1.0.0    Microsoft.PowerShell.Utility        {Add-Member, Add-T...
Binary     6.0.0.0    VMware.DeployAutomation             {Add-DeployRule, A...
Binary     6.0.0.0    VMware.ImageBuilder                 {Add-EsxSoftwareDe...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Cis.Core       {Connect-CisServer...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Cloud          {Add-CIDatastore, ...
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Common
Binary     6.5.0.2... VMware.VimAutomation.Core           {Add-PassthroughDe...
Binary     6.0.0.0    VMware.VimAutomation.HA             Get-DrmInfo
Binary     7.0.2.4... VMware.VimAutomation.HorizonView    {Connect-HVServer,...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.License        Get-LicenseDataMan...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.PCloud         {Connect-PIServer,...
Manifest   6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Sdk            Get-PSVersion
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Storage        {Copy-VDisk, Expor...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.Vds            {Add-VDSwitchPhysi...
Binary     6.5.0.4... VMware.VimAutomation.vROps          {Connect-OMServer,...
Binary     6.0.0.0    VMware.VumAutomation                {Add-EntityBaselin...


PowerCLI C:\>

Windowsの評価版 2016/12/06版


2016/12/06現在で、technet契約無しで取得できるWindows評価版についてまとめました。
Windowsの評価版 2014/02/03版」の更新版です。


サーバ系

Windows Server 2016
評価版ソフトウェア | 180 日
評価を完了すると、評価版を製品版に移行できます。また、TechNet ドキュメントも参照し、他の既存のサーバーを Windows Server 2016 にアップグレードまたは移行する方法もご確認ください。

Windows Server 2016 Essentials
評価版ソフトウェア | 180 日
ダウンロードの説明に記載されているプロダクトキーを入力する必要あり
製品版への移行について明記無し

Windows Server 2012 R2
評価版ソフトウェア | 180 日
インターネットもしくは電話によるライセンス認証が必須
製品版への移行について明記無し

Windows Server 2012 R2 Essentials
評価版ソフトウェア | 180 日
ダウンロードの説明に記載されているプロダクトキーを入力する必要あり
製品版への移行について明記無し

Windows Server 2012
評価版ソフトウェア | 180 日
製品版への移行について明記無し

Windows Server 2012 Essentials
評価版ソフトウェア | 180 日
このソフトウェアの評価版は、 製品版に変更することができます。


デスクトップ系

Windows 10 Enterprise
評価版ソフトウェア | 90 日
通常のWindows 10 Enterprise評価版の他に、長期にサポートするWindows 10 Enterprise LTSB評価版も提供されています。

Windows 8.1 Enterprise
評価版ソフトウェア | 90 日
「この評価版を使用するには、2014 年 10 月 31 日までにライセンス認証を完了する必要があります。」と書かれているが、いいんだろうか???

Windows 8 Enterprise
評価版ソフトウェア | 90 日

PowerShellスクリプト(ps1)を実行しやすくする


PowerShellスクリプト(ps1)に対して、ファイルをドラッグ&ドロップしてもファイルを認識して実行してくれない。

また、そもそもPowerShellスクリプトを実行しようとしても、下記のエラーで実行ができない。

PS C:\Users\osakanataro\Documents\powershell> .\powershelltest.ps1
スクリプトの実行がシステムで無効になっているため、ファイル C:\Users\osakanataro\Documents\powershell\powershelltest.ps1 を読み込めません。詳細については、「get-help about_signing」と入力してヘルプを参照してください。
発生場所 行:1 文字:25
+ .\powershelltest.ps1 <<<<
    + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) &#91;&#93;、PSSecurityException
    + FullyQualifiedErrorId : RuntimeException

PS C:\Users\osakanataro\Documents\powershell> 

回避方法は下記の2つを行う、ということ
・バッチファイル経由でPowerShellを起動する
・うまく行かない場合は、管理者権限でバッチファイルを起動する

今回使用したバッチファイルは下記の内容とした

@echo off
rem PowerShellスクリプトの実行が禁止されている場合に
rem このバッチファイルを管理者権限で動作させると
rem PowerShellスクリプトが実行できます。

powershell -sta -ExecutionPolicy Unrestricted -File %0\..\powershelltest.ps1 %*

powershell起動時に「-sta」オプションをつけているのは、powershellからフォームダイアログを開こうとすると、下記のエラーがでてしまうことを回避するため。
powershell-sta

なお、詳細を開くと下記の情報が出力されている

Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

************** 例外テキスト **************
System.InvalidOperationException: DragDrop 登録は成功しませんでした。 ---> System.Threading.ThreadStateException: OLE が呼び出される前に、現在のスレッドが Single Thread Apartment (STA) モードに設定されていなければなりません。Main 関数に STAThreadAttribute が設定されていることを確認してください。
   場所 System.Windows.Forms.Control.SetAcceptDrops(Boolean accept)
   --- 内部例外スタック トレースの終わり ---
   場所 System.Windows.Forms.Control.SetAcceptDrops(Boolean accept)
   場所 System.Windows.Forms.Control.OnHandleCreated(EventArgs e)
   場所 System.Windows.Forms.ListBox.OnHandleCreated(EventArgs e)
   場所 System.Windows.Forms.Control.WmCreate(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.ListBox.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
   場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)


************** 読み込まれたアセンブリ **************
mscorlib
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5485 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework64/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.ConsoleHost
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7600.16385
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.ConsoleHost/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.ConsoleHost.dll
----------------------------------------
System
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.8686 (QFE.050727-8600)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Management.Automation
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Management.Automation/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/System.Management.Automation.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.Commands.Diagnostics
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.Commands.Diagnostics/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.Commands.Diagnostics.dll
----------------------------------------
System.Core
    アセンブリ バージョン: 3.5.0.0
    Win32 バージョン: 3.5.30729.5420 built by: Win7SP1
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Core/3.5.0.0__b77a5c561934e089/System.Core.dll
----------------------------------------
System.Configuration.Install
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5483 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration.Install/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.Install.dll
----------------------------------------
Microsoft.WSMan.Management
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.WSMan.Management/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.WSMan.Management.dll
----------------------------------------
System.Transactions
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5483 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_64/System.Transactions/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Transactions.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.Commands.Utility
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.Commands.Utility/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.Commands.Utility.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.Commands.Management
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.Commands.Management/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.Commands.Management.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.Security
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.Security/1.0.0.0__31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.Security.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.ConsoleHost.resources
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7600.16385
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.ConsoleHost.resources/1.0.0.0_ja_31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.ConsoleHost.resources.dll
----------------------------------------
System.Xml
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5494 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
----------------------------------------
System.Management
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5483 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Management/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Management.dll
----------------------------------------
System.DirectoryServices
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5483 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.DirectoryServices/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.DirectoryServices.dll
----------------------------------------
System.Management.Automation.resources
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7600.16385
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Management.Automation.resources/1.0.0.0_ja_31bf3856ad364e35/System.Management.Automation.resources.dll
----------------------------------------
Microsoft.WSMan.Management.resources
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.WSMan.Management.resources/1.0.0.0_ja_31bf3856ad364e35/Microsoft.WSMan.Management.resources.dll
----------------------------------------
mscorlib.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5485 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework64/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
Microsoft.PowerShell.Security.resources
    アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
    Win32 バージョン: 6.1.7601.17514
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.PowerShell.Security.resources/1.0.0.0_ja_31bf3856ad364e35/Microsoft.PowerShell.Security.resources.dll
----------------------------------------
System.Data
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.8692 (QFE.050727-8600)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_64/System.Data/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Data.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5491 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
----------------------------------------
System.Drawing
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5495 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
----------------------------------------
Accessibility
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5483 (Win7SP1GDR.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/Accessibility/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Accessibility.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms.resources
    アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
    Win32 バージョン: 2.0.50727.5420 (Win7SP1.050727-5400)
    コードベース: file:///C:/Windows/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
----------------------------------------

************** JIT デバッグ **************
Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging 
値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
なりません。

例:

<configuration>
    <system.windows.forms jitDebugging="true" />
</configuration>

JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
JIT デバッガに設定されなければなりません。