Category Archives: RFID - Page 2

タッチで家の鍵を開け閉め(Edy/Suica/Felica)


Felica系(Edy/Suica)を使って家の鍵を開け閉めするシステムについて、調べた。

(2012/10/05追記: 海外製品についての調査結果)

ソニックブレインのアイ・タッチスリムシリーズ
 以前は株式会社タセ(http://www.tace.co.jp/)という名前だった。
 バージョンアップを何回かしており、現行の家庭向けは以下の2製品。
 アイ・タッチスリム Tシリーズ
 LOCKIT ロックイット

  ロックイットは簡易版で、かなり機能が限定されているようだ。
  後述のシーズンテック シリンダーICロックからさらに機能を削っているような印象がある。
  既存の鍵を活かすタイプ

シーズンテックシリンダーICロックシリーズ
 取り付けマニュアルが掲載されていないので、事前検討がしにくい。
 いろいろ調べていたところ、謎のexcelファイル内に興味深い記述があったので後ろの方に転載しておく。
  既存の鍵を活かすタイプ

・iNAHO(イナホ)
 インターロック/インターロックR
 ユビタッチ/ユビタッチR
 という製品があるようなのだが、メーカー公式のページを発見できなかった。
 株式会社フキというのが出てはきたが、OEM先の1つであるような気がする。

株式会社 エイ・エス・アイ
 ロイヤルガーディアン(ROYAL☆GURDIAN)シリーズ
 興味深いなぁ、と思うのは管理者向け説明で、滞納者ロックアウトに使えます、と歌っているところ。
 

・美和ロック
 FKALT
 株式会社KESAKA社のシステムと連動して使う模様
 家庭向けではなさそう

・株式会社アルファ
 Entry Lock(エントリーロック)
 ただし、これは、株式会社KESAKA社のシステムと連動して使うもので有り、製品自体も受注生産
 なので、個人が利用するものではない模様

・番外: 海外のLockitron
この製品は基本的にはiPhoneにアプリをインストールして、そこから解錠施錠をする、というもの。
ただし、FelicaではなくNexus SのNFCにも対応しているらしい。

— 興味深いexcelファイルからの転載 —
【シリンダーICロックとLock itの相違ポイント】
1.タセ・鍵屋リンクスという会社が以前から販売していた「アイタッチスリム」という製品と
  室内側は、全く同じ物。タセは社名変更し、鍵屋リンクスは会社が解散している。
2.開発依頼をしている韓国の会社が、シリンダーICロックとロックイットは同じであり、室外側の
  ICリーダー部は、韓国開発会社の技術を利用させてもらっているので、似た形状になっている。
  しかし、室内側は当社側の技術指導と経験から設計をし、金型も独自で起こしているので
  全く違う製品である。
3.ICの登録枚数も、100枚と300枚で、3倍違う。※使用している電子部品関係が全く違う。
4.ICの追加登録は、ロックイットは出来ないが、シリンダーICロックは管理者カードがあれば出来る。
5.開錠履歴も1000件に対し、シリンダーICロックは3000件と3倍違う。
6.従来のシリンダー錠で開錠した場合、ロックイットは履歴が残らないが、シリンダーICロックは履歴が残る。
7.シリンダーICロックは、バックセット38mmから取付けられるので、幅の狭い扉や勝手口にも取付けれるが、
  ロックイットは、バックセット62mm以上の扉からしか設置できない。
8.シリンダーICロックは、従来からのシリンダー錠や手動で開閉した場合、ギアがモーターから自動で外れる
  「クラッチ機構」を採用しているので、非常時は街の鍵屋さんに非常開錠を依頼でき、ギアやモーターの
  トラブルもほとんど無い。ロックイットは、従来からのシリンダー錠や手動で開閉した場合、ギアやモーターも
  連結したまま回るので、重い。

また、シリンダーICロックはリモコンなどの拡張性を持っている。