Author Archives: osakanataro

リバティ会津ができて快速は半分以上消えるのではないか?


東京から会津若松にいくのに、時々、会津鉄道経由で行くことがある。
快速だと北千住からだと、時期により座れない可能性があるため、行きは特急で
帰りは始発駅から乗れるので、快速、という感じで使っている。

2017年4月21日のダイヤ改正で、リバティ会津という特急電車が登場し、今回、特急のダイヤが発表された。
東武鉄道リリースpdf「2017年 4月 21日 (金 ) ダイヤ改正を実施!東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン【特急列車概要 】

しかし、この発表の中では、特急列車以外については後ほど、と書かれており、快速がどのようになるのか記載されていない。

関連する野岩鉄道会津鉄道では、どのようなリリースが出ているかを確認してみる。

野岩鉄道リリースpdf「2017年4月21日(金)ダイヤ改正を実施します!「 特 急 リ バ テ ィ 会 津 」運 転 概 要
ここでは、野岩鉄道区間を通って会津鉄道会津田島駅までの話で終わっており、東武鉄道のリリースpdfとさほど変わらない内容となっている。

会津鉄道リリースpdf「平成29年4月ダイヤ改正について

こちらでは、会津若松までの連絡も含めた記載がされており、会津田島~会津若松は、「リレー号」という名称の列車を運行する、という記載がある。

そして、従来の特急乗り継ぎとの対比がされている。
この対比表を元に、快速についても追加したものを作成してみた

浅草駅12時頃出発~会津若松17時頃到着、という列車がない以外は、ほぼ従来の特急/快速乗り継ぎパターンが、新しいリバティ会津に置き換わっていることがわかる。

この区間は、リバティ会津は、列車によっては各駅に止まるものもあるようだが、いくらかは駅を飛ばしていくようだ。

リバティ会津以外にも普通列車が運行されるとは思われるが、野岩鉄道~会津鉄道の電車区間は、同時運行できる電車本数が限られている、という話がある。
このことを考えると、この区間を走る電車本数はそれほど変わらない可能性が高い。
つまりは、従来の快速(野岩鉄道~会津鉄道区間は各駅停車)は、かなり減るのではないか?と想定されます。

はたして・・・どうなることか・・・

Windows IoTに対応したOrange Pi Winがリリースされる???


githubのOrange Pi LibraにあるOrange Piボード用のSDKには「Orange Pi H5 SDK」「Orange Pi H2 SDK」「Orange Pi A64 SDK」の3種類がある。

Orange Pi A64 SDKは、H5を採用する前のテストボード用で、製品はリリースされない、と思っていたのですが、build.shをよくよく見てみると気になる記載が・・・

build.shの95行~99行目に「OrangePi Win」と「OrangePi 3(internal version)」の2機種が・・・

内部向けと書かれているOrange Pi 3はともかく、気になるのは、Orange Pi Win

同じくAllwinner A64を採用しているBananaPiのBPI-M64とPINE64は、Windows IoTに対応しています。(参考:Allwinner A64搭載ボードのBPI-M64とPINE64がWindows 10 IoTに対応開始。記事は2016/08/04に書いたものだが、2017/01/06時点でもGet Startedには記載が無いがgithubを見に行くと手順書は存在している)

これは、Orange Piの方でもWindows IoTに対応したボードを出そうという意気込みなのか?と期待してしまいます。


ちなみに、当blogでは記事にしていませんでしたが、2016/12/24にFriendlyARMからAllwinner A64搭載のNanoPi A64の情報も出ています。

FriendlyARMのAllwinner A64 SDK:「https://github.com/friendlyarm/a64_lichee
搭載ボード情報:「NanoPi A64

NanoPi A64の最大のトピックは、Allwinner A64搭載ボードでは最小サイズ、といったところでしょうか

Allwinner H5が登場したとこで、Allwinner A64の出番が減るかと思っていたのですが、PINE64を始めとした製品が出てから1年以上が経過したいまになって、採用製品が増え出す、というのはちょっと意外な感じです。

LicheePi OneとLicheePi Zero


Allwinner系SoCを使ったLinuxを扱う場合に基礎となるLinux-sunxiを見ていたら、見慣れないプロダクトを2つ発見
LicheePi One
LicheePi Zero

ぱっと見た感じだと、ディスプレイ出力ができるLicheePi Oneと、シリアル出力のみのLiecheePi Zeroなのかな?と思ったのですが、よく見てみると全然違いました・・・

LiecheePi One
CPUが古く、Cortex-A8のAllwinner A13搭載。
CHIPSで使っているAllwinner R8の前身となるSoCを使用。
HDMIコネクタは無いが、フラットケーブル接続で液晶パネルがつけられる。

https://github.com/Zepan/ilicheeに関連資料がある。

cnx-softwareでLichee Pi Oneは6ドル、という記事があったが、作者によれば、6ドル、というのは誤りだそうな。

LicheePi Zero
CPUはCortex-A7のAllwinner V3s搭載。
Orange Pi Oneなどで使用しているAllwinner H3からGPU機能などを抜き、車載カメラやIPカメラ用にしたSoCを使用。
RAMは64MBと限られている。
ESP8266モジュールのような感じでブレッドボードにさして使える感じのもの。
標準ではLANコネクタは無く、またWiFiも搭載されていない。
「Network: 10/100Mbps Ethernet (via extension board, not available now)」とあるので、別途取り付けはできるようになる模様。

対応するLinux kernelは、https://github.com/Icenowy/linux/tree/v3sで公開されている。U-Bootについても同じ作者が開発中

作者によると、Lichee Pi Zeroは6ドルぐらいで販売できるらしい。

Mini PCIeカードをUSB接続するためのSIMスロット付き変換ボード


ノートパソコンに内蔵する拡張カードはMini PCIeカードを採用している事が多い。
WiFi/Bluetoothカード、WiFi/Bluetooth/LTEカードなど、内蔵させるカードを変更して、機種バリエーションを持たせていたりする。

LTE/WCDMAなどの携帯回線を使用する場合、個体識別のためにSIMを使用する必要があるが、Mini PCIeカードの場合、カード上にはSIMスロットが存在していない。
どこにあるかと言えば、本体のマザーボード側にSIMスロットを用意している。

つまり、LTE/WCDMA対応のMini PCIeカードをUSB接続にしようとすると、SIMスロットについてなんらかの形で用意する必要がある。

主にSSDストレージ接続に使うMini PCIeコネクタと同じ形状をしたmSATAを、USBに変換するものは、いろいろ販売されている。
しかし、SIMスロットにも対応してMini PCIeカードをUSBに変換するものなんてあるのかなぁ?と思っていたら
「Mini PCI-E to USB Adapter (With SIM Card) Verson: 2.0」と基板上に記されたボードが存在していました。

いろいろ出てきた説明書きを見ると、mini PCIeカードの形状しているLTE/WCDMAカードの多くは、内部的にはUSB扱いで接続されていて、PCIeでの接続とはなっていないらしい。
このため、基板上に信号を変換しているようなチップが見当たらず、配線が目立つのみとなっているようだ。

で、該当する製品をAliexpressで探すと値段は10ドル程度。
Mini PCI-E Wireless WWAN to USB Adapter Card with SIM Card Slot Module Testing Tools EP-092」(2017/01/05時点では品切れ)
CY Mini PCI-E Wireless WWAN to USB Adapter Card with SIM Card Slot Module Testing Tools

商品名を元にAmazonで探すと・・・

そして、関連商品がいろいろと出てくる・・・
思ったよりたくさん出てきてびっくり。

Version 3.0基板を使ったもの

アンテナ附属タイプ

デスクトップ機などのマザーボード上にあるUSBコネクタに直接させるタイプ

なんかごっついタイプ

MegaRAID SAS 8708EM2のfirmware updateをstorcliで行う


NEC Express 5800で使われているSAS RAIDカードのN8103-117のfirmwareをアップデートしてみた。
詳しくは後述するが、NEC提供のfirmwareではなく、OEM元のLSI Logicが提供する最新firmwareの適用を行った。

NECでは「RAIDコントローラファームウェアアップデートモジュール(1.12.152-0589)」として配布しているもののromファイルの中身を見ると「VERSIONS=APP_1.12.152-0589,~ PACKAGE=8.0.1-0051 VALIDATION=GCA_02/25/09_12:32:30」となっている。
それに対して、LSIの最新firmwareは「VERSIONS=APP_1.40.342-1650,~ PACKAGE=11.0.1-0048 VALIDATION=GCA_05/23/12_00:52:27」である。


さて、まず、N8103-117は、LSI LogicのSASカードなので、LSIの管理ソフトをインストールする。
以前はMegaCLIというコマンドだったが、最近はstorcliという名称となりコマンドオプションもだいぶ変更になっている。

storcliのダウンロードだが、LSI Logicは、いろいろあった結果、現在Broadcomに買収されている。
このため、「Broadcomのサポートページのダウンロード」から関連ソフトを探す必要がある。

storcliの検索結果」から「Management Software and Tools」にある「MegaRAID Storcli」をダウンロードし、インスト-ルする。

storcliを使う場合、まずは、storcliで認識できるSAS/SCSIコントローラを確認する必要がある。
「storcli64 show」を実行する。

# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 show
Status Code = 0
Status = Success
Description = None
Number of Controllers = 1
Host Name = blog.osakana.net
Operating System  = Linux3.10.0-514.2.2.el7.x86_64
System Overview :
===============
------------------------------------------------------------------------------
Ctl Model              Ports PDs DGs DNOpt VDs VNOpt BBU sPR DS EHS ASOs Hlth
------------------------------------------------------------------------------
  0 MegaRAIDSAS8708EM2     8   3   1     0   1     0 Opt On  2  N      0 Opt
------------------------------------------------------------------------------
Ctl=Controller Index|DGs=Drive groups|VDs=Virtual drives|Fld=Failed
PDs=Physical drives|DNOpt=DG NotOptimal|VNOpt=VD NotOptimal|Opt=Optimal
Msng=Missing|Dgd=Degraded|NdAtn=Need Attention|Unkwn=Unknown
sPR=Scheduled Patrol Read|DS=DimmerSwitch|EHS=Emergency Hot Spare
Y=Yes|N=No|ASOs=Advanced Software Options|BBU=Battery backup unit
Hlth=Health|Safe=Safe-mode boot
#

「MegaRAIDSAS8708EM2」を使ったコントローラが1個みつかり、コントローラの番号は「0」であることが分かる。

続いて、そのコントローラについての詳細を確認するため「/c0」オプションを追加し「storcli64 /c0 show」を実行する。

# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 show
Generating detailed summary of the adapter, it may take a while to complete.
Controller = 0
Status = Success
Description = None
Product Name = MegaRAID SAS 8708EM2
Serial Number = P322610710
SAS Address =  500605b001xxxxxx
PCI Address = 00:01:00:00
System Time = 01/04/2017 11:47:12
Mfg. Date = 02/24/10
Controller Time = 01/04/2017 02:47:13
FW Package Build = 11.0.1-0008
FW Version = 1.40.32-0580
BIOS Version = 2.06.00
Driver Name = megaraid_sas
Driver Version = 06.811.02.00-rh1
Vendor Id = 0x1000
Device Id = 0x60
SubVendor Id = 0x1000
SubDevice Id = 0x1013
Host Interface = PCI-E
Device Interface = SAS-3G
Bus Number = 1
Device Number = 0
Function Number = 0
Drive Groups = 1
TOPOLOGY :
========
--------------------------------------------------------------------------
DG Arr Row EID:Slot DID Type  State BT       Size PDC  PI SED DS3  FSpace
--------------------------------------------------------------------------
 0 -   -   -        -   RAID1 Optl  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt N
 0 0   -   -        -   RAID1 Optl  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt N
 0 0   0   252:0    0   DRIVE Onln  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt -
 0 0   1   252:1    1   DRIVE Onln  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt -
--------------------------------------------------------------------------
DG=Disk Group Index|Arr=Array Index|Row=Row Index|EID=Enclosure Device ID
DID=Device ID|Type=Drive Type|Onln=Online|Rbld=Rebuild|Dgrd=Degraded
Pdgd=Partially degraded|Offln=Offline|BT=Background Task Active
PDC=PD Cache|PI=Protection Info|SED=Self Encrypting Drive|Frgn=Foreign
DS3=Dimmer Switch 3|dflt=Default|Msng=Missing|FSpace=Free Space Present
Virtual Drives = 1
VD LIST :
=======
-----------------------------------------------------------
DG/VD TYPE  State Access Consist Cache sCC       Size Name
-----------------------------------------------------------
0/0   RAID1 Optl  RW     No      NRWBD -   135.937 GB
-----------------------------------------------------------
Cac=CacheCade|Rec=Recovery|OfLn=OffLine|Pdgd=Partially Degraded|dgrd=Degraded
Optl=Optimal|RO=Read Only|RW=Read Write|HD=Hidden|B=Blocked|Consist=Consistent|
R=Read Ahead Always|NR=No Read Ahead|WB=WriteBack|
AWB=Always WriteBack|WT=WriteThrough|C=Cached IO|D=Direct IO|sCC=Scheduled
Check Consistency
Physical Drives = 3
PD LIST :
=======
-------------------------------------------------------------------------
EID:Slt DID State DG       Size Intf Med SED PI SeSz Model            Sp
-------------------------------------------------------------------------
252:0     0 Onln   0 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B MBD2147RC        U
252:1     1 Onln   0 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B MBD2147RC        U
252:2     2 GHS    - 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B HUC103014CSS600  U
-------------------------------------------------------------------------
EID-Enclosure Device ID|Slt-Slot No.|DID-Device ID|DG-DriveGroup
DHS-Dedicated Hot Spare|UGood-Unconfigured Good|GHS-Global Hotspare
UBad-Unconfigured Bad|Onln-Online|Offln-Offline|Intf-Interface
Med-Media Type|SED-Self Encryptive Drive|PI-Protection Info
SeSz-Sector Size|Sp-Spun|U-Up|D-Down|T-Transition|F-Foreign
UGUnsp-Unsupported|UGShld-UnConfigured shielded|HSPShld-Hotspare shielded
CFShld-Configured shielded|Cpybck-CopyBack|CBShld-Copyback Shielded
BBU_Info :
========
------------------------------------------------------------
Model State   RetentionTime Temp Mode MfgDate    Next Learn
------------------------------------------------------------
iBBU  Optimal N/A           19C  -    2010/05/14 None
------------------------------------------------------------
#

コントローラについての情報や、RAID構成に関する情報が取得できる。

また、出力結果より、「N8103-117」は「MegaRAID SAS 8708EM2」である事が判明。
同じくサポートページより最新のfirmwareを検索してみる。

MesaRAID SAS 8708EM2に関するDownload」の「Firmware」から「EF P34」をダウンロード。
Readmeには下記のバージョンが書かれており、現状の「FW Package Build = 11.0.1-0008」より新しいことが分かる。

Current Firmware Package: 11.0.1-0048 (EF-P34)
Current Package Details: APP-1.40.342-1650_BB-1.00.00.01-0012_BIOS-2.07.00_WEBBIOS-2.2-22-e_15-Rel_CTRLR-_PCLI-01.40-01000008_2012_05_11

アップデートは、firmwareファイルを「file=ファイル名」という形で指定して実行となる。
つまり「storcli64 /c0 download file=ファイル名」と実行する。

# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 download file=mr1078fw.rom
Download Completed.
Flashing image to adapter...
Controller = 0
Status = Success
Description = F/W Flash Completed. Please reboot the system for the changes to take effect
Current package version = 11.0.1-0008
New package version = 11.0.1-0048
#

適用したfirmwareは、OS再起動後から有効になるため、rebootする。

起動完了後、「storcli64 /c0 show」を実行し、FW Package BuildとFW Versionが変更されていることを確認。

# /opt/MegaRAID/storcli/storcli64 /c0 show
Generating detailed summary of the adapter, it may take a while to complete.
Controller = 0
Status = Success
Description = None
Product Name = MegaRAID SAS 8708EM2
Serial Number = P322610710
SAS Address =  500605b001xxxxxx
PCI Address = 00:01:00:00
System Time = 01/04/2017 13:07:49
Mfg. Date = 02/24/10
Controller Time = 01/04/2017 04:07:49
FW Package Build = 11.0.1-0048
FW Version = 1.40.342-1650
BIOS Version = 2.07.00
Driver Name = megaraid_sas
Driver Version = 06.811.02.00-rh1
Vendor Id = 0x1000
Device Id = 0x60
SubVendor Id = 0x1000
SubDevice Id = 0x1013
Host Interface = PCI-E
Device Interface = SAS-3G
Bus Number = 1
Device Number = 0
Function Number = 0
Drive Groups = 1
TOPOLOGY :
========
--------------------------------------------------------------------------
DG Arr Row EID:Slot DID Type  State BT       Size PDC  PI SED DS3  FSpace
--------------------------------------------------------------------------
 0 -   -   -        -   RAID1 Optl  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt N
 0 0   -   -        -   RAID1 Optl  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt N
 0 0   0   252:0    0   DRIVE Onln  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt -
 0 0   1   252:1    1   DRIVE Onln  N  135.937 GB dsbl N  N   dflt -
--------------------------------------------------------------------------
DG=Disk Group Index|Arr=Array Index|Row=Row Index|EID=Enclosure Device ID
DID=Device ID|Type=Drive Type|Onln=Online|Rbld=Rebuild|Dgrd=Degraded
Pdgd=Partially degraded|Offln=Offline|BT=Background Task Active
PDC=PD Cache|PI=Protection Info|SED=Self Encrypting Drive|Frgn=Foreign
DS3=Dimmer Switch 3|dflt=Default|Msng=Missing|FSpace=Free Space Present
Virtual Drives = 1
VD LIST :
=======
-----------------------------------------------------------
DG/VD TYPE  State Access Consist Cache sCC       Size Name
-----------------------------------------------------------
0/0   RAID1 Optl  RW     No      NRWBD -   135.937 GB
-----------------------------------------------------------
Cac=CacheCade|Rec=Recovery|OfLn=OffLine|Pdgd=Partially Degraded|dgrd=Degraded
Optl=Optimal|RO=Read Only|RW=Read Write|HD=Hidden|B=Blocked|Consist=Consistent|
R=Read Ahead Always|NR=No Read Ahead|WB=WriteBack|
AWB=Always WriteBack|WT=WriteThrough|C=Cached IO|D=Direct IO|sCC=Scheduled
Check Consistency
Physical Drives = 3
PD LIST :
=======
-------------------------------------------------------------------------
EID:Slt DID State DG       Size Intf Med SED PI SeSz Model            Sp
-------------------------------------------------------------------------
252:0     0 Onln   0 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B MBD2147RC        U
252:1     1 Onln   0 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B MBD2147RC        U
252:2     2 GHS    - 135.937 GB SAS  HDD N   N  512B HUC103014CSS600  U
-------------------------------------------------------------------------
EID-Enclosure Device ID|Slt-Slot No.|DID-Device ID|DG-DriveGroup
DHS-Dedicated Hot Spare|UGood-Unconfigured Good|GHS-Global Hotspare
UBad-Unconfigured Bad|Onln-Online|Offln-Offline|Intf-Interface
Med-Media Type|SED-Self Encryptive Drive|PI-Protection Info
SeSz-Sector Size|Sp-Spun|U-Up|D-Down|T-Transition|F-Foreign
UGUnsp-Unsupported|UGShld-UnConfigured shielded|HSPShld-Hotspare shielded
CFShld-Configured shielded|Cpybck-CopyBack|CBShld-Copyback Shielded
BBU_Info :
========
------------------------------------------------------------
Model State   RetentionTime Temp Mode MfgDate    Next Learn
------------------------------------------------------------
iBBU  Optimal N/A           20C  -    2010/05/14 None
------------------------------------------------------------
#