最小インストールのRHEL7環境で文字化けせずにNetBackup管理画面を表示するために必要なパッケージ


最小インストールのRHEL7環境で文字化けせずにNetBackup管理画面を表示するために必要なパッケージを確認した。

なお、表示させるのはLinuxサーバローカルのディスプレイではなく、同一ネットワーク上にあるWindows10にインストールされた「VcXSrv

# yum install libXext libXrender libXtst xorg-x11-fonts-Type1 vlgothic-fonts vlgothic-p-fonts

なお、「vlgothic-p-fonts」は入れなくても表示はされるが、文字がゴツゴツした感じとなる。

・vlgothic-fonts vlgothic-p-fontsの両方をインストールした場合


vlgothic-fonts vlgothic-p-fontsの両方をインストールした場合

・vlgothic-fontsのみインストールした場合


vlgothic-fontsのみインストールした場合

NetBackup GUIはJavaを使って表示している。

フォントに関する指定はJREのlibにfontconfig~.srcというファイルで保存されている。

# ls /usr/openv/java/jre/lib/fontconfig*.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.RedHat.5.properties.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.RedHat.6.properties.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.SuSE.10.properties.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.SuSE.11.properties.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.Turbo.properties.src
/usr/openv/java/jre/lib/fontconfig.properties.src
#

「fontconfig.RedHat.6.properties.src」の中を見てみると、間しそうな記述として以下を発見

# Font File Names
filename.-misc-kochi_gothic-medium-r-normal--*-%d-*-*-c-*-iso10646-1=/usr/share/fonts/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf
filename.-misc-kochi_mincho-medium-r-normal--*-%d-*-*-c-*-iso10646-1=/usr/share/fonts/ipa-mincho/ipam.ttf
filename.-misc-zysong18030-medium-r-normal--*-%d-*-*-c-*-iso10646-1=/usr/share/fonts/cjkuni-uming/uming.ttc


# AWT X11 font paths
awtfontpath.chinese-tw-iso10646=/usr/share/fonts/cjkuni-uming
awtfontpath.chinese-cn-iso10646=/usr/share/fonts/cjkuni-uming
awtfontpath.japanese-iso10646=/usr/share/fonts/vlgothic
awtfontpath.korean-iso10646=/usr/share/fonts/un-core

どうやら明朝体は「ipa-mincho-fonts.noarch 」 に含まれる /usr/share/fonts/ipa-mincho/ipam.ttf、ゴシック体は「vlgothic-fonts」 に含まれる /usr/share/fonts/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf を使っているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください