PowerCLIを使ってvSphere仮想マシンをテンプレートから連続デプロイ


RedHat OpenShift環境を作るためのansible hostsファイルがすごく難解。

おかげでいろんなhostsファイル記述を実験する羽目に・・・

仮想マシンテンプレートを作ったあと、仮想マシンのカスタマイズ仕様を元にデプロイするだけとは言え、マスタ2台、インフラノード2台、ノード2台とかを毎回作り直すのが面倒。

簡略化するためにPowerCLIを使って一括作成できるようなスクリプトを作成した。

$vcenter="testvcenter"       # 接続先vCenterホスト名 or IPアドレス
$vcenterusername="administrator@vsphere.local" # vCenterユーザ名
$vcenterpassword="test"       # vCenterパスワード
$vmtemplatename="rhel7-os311" # 仮想マシンテンプレート名
$vmcustomizespec="rhel7-base" # 仮想マシンのカスタマイズ仕様名
$datastore="vsphere10"          # デプロイ先データストア
$esxserver="172.17.44.10"       # デプロイ先ESXiサーバ
$subnetmask="255.255.0.0"       # 仮想マシンのサブネット
$defaultgw="172.17.0.1"         # 仮想マシンのデフォルトゲートウェイ

connect-vcenter -Server $vcenter -User $vcenterusername -Password $vcenterpassword -WarningAction 0

deployvm -vmname "master221" -ipaddr "172.17.44.221" -cpu 4 -memory 16
deployvm -vmname "master222" -ipaddr "172.17.44.222" -cpu 4 -memory 16
deployvm -vmname "infra-node223" -ipaddr "172.17.44.223" -cpu 2 -memory 8
deployvm -vmname "node224" -ipaddr "172.17.44.224" -cpu 2 -memory 8
deployvm -vmname "node225" -ipaddr "172.17.44.225" -cpu 2 -memory 8

Disconnect-VIServer -Confirm:$false


###########################################
### 関数名: connect-vcenter
### 役割:   指定したvCenterサーバに接続
### 入力: 「-Server vCenterサーバ名」 
###      「-User ユーザ名」
###      「-Password パスワード」 
###      「-Credential パスワードの暗号化文字列」
###       「-Password」か「-Credential」かは排他指定
### 注意: パイプライン処理不可
###########################################
function connect-vcenter{
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][string]$Server,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][string]$User,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][string]$Password,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][SecureString]$Credential
    )

    # $global:DefaultVIServers が存在している場合はすでにvCenterに接続されているので処理を飛ばす
    #  vROpsと異なり接続がなくなったら変数もなくなるようだが、念のためこちらも接続中のユーザ名があることを確認
    if([String]::IsNullOrEmpty($global:DefaultVIServers.User)){
        Try {
            if($Credential){
                $pscredential=New-Object System.Management.Automation.PSCredential($User,$Credential)
                Connect-VIServer -Server $Server -Credential $pscredential -WarningAction 0 | Out-Null
                if($? -eq $false){ throw }
            }else{
                Connect-VIServer -Server $Server -User $User -Password $Password -WarningAction 0 | Out-Null
                if($? -eq $false){ throw }
            }
        } Catch {
            Write-Host "vCenterサーバへの接続に失敗しました"
            Write-Host $Error[0]
            exit 1
        }
    }
    return
}

###########################################
### 関数名: deployvm
### 役割:   仮想マシンテンプレートから仮想マシンをデプロイ
### 入力: 「-vmname 仮想マシンホスト名」 
###      「-ipaddr IPアドレス」
###      「-cpu CPU数」 
###      「-memory メモリ容量」
### 注意: 簡略化のため、下記の前提がある
###    デプロイ先のESXiサーバを、グローバル変数 $esxserver で指定していること
###    デプロイ先のデータストアを、グローバル変数 $datastore で指定していること
###    仮想マシンテンプレートを、グローバル変数 $vmtemplatename で指定していること(作成済みであること)
###    仮想マシンのカスタマイズ仕様を、グローバル変数 $vmcustomizespec で指定していること(作成済みであること)
###    グローバル変数で仮想マシンのサブネットマスク $subnetmask とデフォルトゲートウェイ $defaultgw を指定していること
###########################################
function deployvm{
    Param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][string]$vmname,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][string]$ipaddr,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][int]$cpu,
        [Parameter(ValueFromPipeline=$false,Mandatory=$false)][int]$memory
    )
    Get-OSCustomizationSpec $vmcustomizespec | New-OSCustomizationSpec -Name vmtemp -Type NonPersistent
    Get-OSCustomizationNicMapping vmtemp | Set-OSCustomizationNicMapping -IpMode UseStaticIP -IpAddress $ipaddr -SubnetMask $subnetmask -DefaultGateway $defaultgw
    Get-OSCustomizationSpec vmtemp | Set-OSCustomizationSpec -NamingScheme vm

    New-VM -Name $vmname -VMHost $esxserver -Template $vmtemplatename -OSCustomizationSpec vmtemp -Datastore $datastore -Confirm:$false
    Set-VM -VM $vmname -MemoryGB $memory -NumCpu $cpu -Confirm:$false
    Start-VM -VM $vmname -Confirm:$false
    Remove-OSCustomizationSpec vmtemp -Confirm:$false
}

なお、vCenterへの接続部分がごっつい関数にしてあるのは、他で使ったものの流用であるため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください