ESP8266を積んだLED電球やらスイッチやら


cnx-softwareの「$12 AI Light ESP8266 based WiFi RGB Light Bulb Supports MQTT via ESPurna Open Source Firmware」の関連リンクを見ていったらいろいろ興味深いものを発見。

元記事は、ESP8266を搭載したLEDランプのfirmwareをオープンソースのものに入れ替えることができる、という話。

ESPurna Firmware
ESP8266搭載のLEDランプや、電源ラインスイッチなどで使えるfirmware。
httpdサーバ搭載の他、MQTTやAlexaを使った連携を実現できる。
Home AssistDomoticzというWebサービスと連携することも出来る。

Noduino OpenLight
ESP8266搭載のLEDランプに入れるfirmware。
コントロールするためのAndroidアプリも提供されている。
https://github.com/icamgo/noduino-sdkでソース公開している。

AiLight – A hackable RGBW light bulb」にfirmwareを書き換えてみた、という事例がある。

Mongoose OS
ESP8266の他、ESP32など、似たような低いスペックのボード用OS。
AWS IoTが使えるらしい。
ESP8266電球の話をしていたら、「this is great write up.」って言われたんだけど、言及した中ではMongoose OSが使われている様子はなくて、ちょっと困惑気味。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>