vSphere環境でCentOS7やUbuntu 16.04などをインストールするとコンソールが高解像度過ぎる


vSphere環境でCentOS7やUbuntu 16.04などをインストールすると、X-Windowを起動しないコンソール画面での解像度が高くて使いにくいという問題が発生しやすい。

せめて1024×800ぐらいに収まらないか・・・と思ったら設定はあった。
Adding video resolution modes to Windows guest operating systems (1003)
上記の日本語版KB「Windows ゲスト OS へのビデオ解像度モードの追加 (2078472)

高解像度にしたい場合は、上記にある手順をいろいろやらなければならないが、低解像度にしたい場合は、vmxファイルの直接編集の必要はなく、仮想マシンオプションの詳細にて「svga.maxWidth」と「svga.maxHeight」の値を追加するだけ良い。

仮想マシンの電源を停止した状態で、仮想マシンオプションの詳細を開き、svga.maxWidthを1024、svga.maxHeightを800で追加している。


2018/05/25 追記

なお、Hyper-Vの場合は、grubへの設定で対応する。
Changing Ubuntu Screen Resolution in a Hyper-V VM

上記はUbuntuの場合の例となっているが、RedHat/CentOSでも基本的には同じ
grubの設定に、「video=hyperv_fb:1024×800」を追加して解像度を指定する。という形になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください