RHEL6/CentOS6向けの3rdパーティーrepo


RHEL6/CentO6で使われているphpがver5.3.3と古い。
より新しいバージョンのphpを要求されている。

そんな時に、頼る先は、公式以外からリリースされているRPM群

yumでとってこれる先として代表的なもの

EPEL
Fedoraプロジェクトから出ているレポジトリ。
標準にないものを追加する方が主体で、オリジナルより新しいバージョンの提供はあまりやらない。
Cent OS6の場合「yum install epel-release」で追加できる。

RepoForge
旧名:RPMforge
標準に対するアップデートも行うし、オリジナルにないのの追加も行うし、で手広いもの。
ただ、範囲が広いので、問題が発生しやすいところがある。

IUS Community Project
mysql,php,pythonのバージョンアップを目的としたレポジトリ。
それ以外のソフトウェアについては基本的に提供されていない。
また、phpの細かいソフトウェアパッケージ群についても提供せず、基本部分のみとなっている。

Les RPM de Remi – Repository
phpのバージョンアップと、phpの細かいソフトウェアパッケージ群の提供を目的としている。
php関連をがっつり入れたい場合はコレになるかな?

・Oracle Linux
番外的なところがあるが、Oracle Linuxだと、追加のレポジトリで、MySQL 5.5/5.6対応のレポジトリが存在している。
状況によってはそちらを選択してもよいかもしれない。
参考:「Oracle Linux用の公開レポジトリについて」と「RHEL6/CentOS6をOracle Linuxにしてみる

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>