ESXi5.5でSoftware iSCSIを使う時の設定


VMware vSphere ESXiで、普通のNICを使ってiSCSIストレージに接続する場合(Software iSCSI)、ESXi 5.0までであれば、VMwareの公式文書「Multipathing Configuration for Software iSCSI Using Port Binding」に記載がある。

この文書の記述が、ESXi5.5でも適用できるのか?ということを調べた。

vSphere 5.5のマニュアル:「ESXi and vCenter Server 5.5 Documentation > vSphere Storage > Configuring iSCSI Adapters and Storage
VMwareのKnowledge Base:「Considerations for using software iSCSI port binding in ESX/ESXi

結果、ESXi5.0とESXi5.5では、設定手法について差が無い、ということがわかった。

おまけ

iSCSI設定で大切なこと
・各NICに個別のIPアドレスを指定する
・iSCSI用としては、Bonding/Etherchannel/Trunking/Teamingは使用しない

・iSCSI用ネットワークが含まれる1つのvSwitchに対し複数のNICを登録し
 NICチーミング設定をしている場合、
 iSCSI用vmkはNICの枚数分作成し、それぞれにIPアドレスを割り当てる
 また各vmkのNICチーミング設定で有効なアダプタを1つのみにすること
 (iSCSI用だけNICチーミングをしない、という感じにする)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>