WebminのapsupsdモジュールをRHEL/CentOS6対応にしてみた


RHEL/CentOS 6.4にて、Webminを使って管理をおこなおうとしている。

サーバはapcupsdを使って停電対策をとることにした。
apcupsdの中には、WebでUPSの状態を確認できるようにcgiが添付されている。
これをWebminに組み込めないか確認した。

公式サイトでは「http://download.webmin.com/download/modules/apcupsd-0.81-2.wbm.gz」にそれっぽいものがある。

とりあえず、これを使ってみたところ、以下の問題点があった。

・cgiのパスが、apcupsd-0.81-2.wbm.gzの標準設定では/etc/apcupsd/
・WebminでUPSステータスを見ると、ヘッダが見える形で表示されてしまう。

これをとりあえず解消したものを作成した。

http://blog.osakana.net/sw/apcupsd/apcupsd-mod4.wbm.gz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください