MTK MT6575携帯TOOKY T1982を入手


MTK MT6575チップ搭載のAndroid携帯、TOOKY T1982を入手しました。

Aliexpressの「6502 Free shipping TOOKY T1982 3.5 inch Apple screen+1G CPU+dual card dual standby+slim android+3G smart mobile phone+authentic」にて購入。


まぁ、こんな感じで到着。


中身は、まぁ、普通。
袋から出してないけど、イヤホンとUSBケーブルもあります。


手持ちの機種と比較。
撮影をGalaxy Nexusでやってるので、それとの比較はなし。
iPhone4Sとほぼ同じ大きさってところです。

電源を入れてみると・・・

起動時に結構な音量で、起動音が・・・


そして、iOSっぽい雰囲気のロック画面登場。

中もやっぱりiOSっぽい。

さて、いつものandroid_winusb.infへ追加する内容は以下。

; TOOKY T1982
%SingleAdbInterface%        = USB_Install, USB\VID_4BB0&PID_30C7
%CompositeAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_4BB0&PID_30C7&MI_01

ただ、winodws上はエラーもないようなんだけど、adb devicesで何も出てこないのが謎。

C:\android\platform-tools>adb devices
List of devices attached


C:\android\platform-tools>

USB storageとして認識させると、microSDカードにさしたものと、内蔵されているSDカード相当扱いのドライブの2つが見える感じです。

さしあたってIIJMIO SIMをさしているんですが、3Gアクセスがちゃんとできない状況。
ぼちぼち調べていきますかね


適当にボタンを押しながら電源を入れたらテストモードに入った。
パソコンにつなげると
・CDC Serial
 vID_4BB0&PID_0005&MI_02
・TOOKY T1982 Smart Phone
 VID_4BB0&PID_0005&MI_01
というデバイスが認識された。


音声通話ありのSIMであれば、通信できました。
つまりは通常のドコモSIM。

  1. Tooky not an android phone. This is FLY china generic proprietary OS. 🙁

  2. Можно подробнее про телефон. Какие у вас впечатления от пользования. Есть ли русский язык?

    • No Russian lang.

      • I see here ( http://blog.osakana.net/archives/2963 ) a Russian option in language system menu… I’m from Russia, so this question important to me also.
        Say me, please, where can I buy this phone with all such characteristics? Almost all sellers on AliExpress declare 320×480 screen, no proximity sensor and 256 MB RAM for this model…

        • oh! sorry.
          I could not find “Russia” at language menu.
          Then, I don’t know pycc meaning russia.

          I think following spec are fool.
          * 320×480 screen
          * no proximity sensor
          * 256MB RAM
          I think these are MT6563 chip phone spec.

  3. Is it really 960*640 retina display?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>