AndroidでXMDF書籍を読む(Kinoppyの活用法)


俗に言うガラケー時代、XMDF書籍を中央公論新社で30冊ほど買ってました。
そんなわけで手元には拡張子がzbfのXMDF書籍が転がっているのですが、Androidで簡単に見る方法というのがありませんでした。

GALAPAGOSSリーダでどーのこーのすると、読める
とか
パブリで立ち読み登録したあと、app-private領域を漁って該当するzbfファイルを見つけて、それを差し替える
とか、姑息なことをすれば読めていました。

で、紀伊國屋書店のKinoppyです。
これで読む方法は非常に簡単。

1. Android端末のSDカード内のDownloadフォルダ(/mnt/sdcard/Download)にzbfファイルを置く
 Downloadフォルダ直下のみ有効です。
 サブフォルダを作ってもその中は読み込みません。
 Kinoppy(/mnt/sdcard/Kinoppy)も対象だそうです。

2. Kinoppyを起動して、「設定」を選択

3. 「追加コンテンツの検出」を選択

4. Downloadフォルダに置いたzbfファイルの数だけ以下のような登録画面がでる

 Downloadフォルダ内にあるファイル全てに対してウィンドウを出してくるので
 不要なファイルがある場合はあらかじめ削除したり、
 登録画面でキャンセルしたり、してください。

5. こんな感じで一段目の本棚に全部登録される

6. 適当に並び替えてみる

以前はKinoppyのバグがあって連続登録すると↓の赤枠で囲んだ4冊のような感じで、表紙の検出がうまくいかない、というものがありました。

ちなみに一度登録した書籍は、編集モードにしてから書籍を1タッチすると出てくるメニューから削除できます。

あと、中央公論新社の電子書籍についてのクレーム・・・
上の書籍一覧を見るとわかるように途中から表紙の絵が無くなっています。
表紙の絵だけ存在を消され、表紙以外の絵は残っている、という意味がわからない仕様です。

表紙に絵があると誤動作する端末があるため、表紙の絵を消した、なんて説明をされたのですが、だったら、表紙としては簡素なものにして、その次のページに表紙を持ってくればいいだけなのに・・・

ちなみに、表紙の絵がないことは、ユーザに対する告知は無しでした。

  1. この機能大っぴらにして大丈夫か…?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>