muninで作ったrrdデータを個別にグラフ化


muninというリソースモニタリングプログラムシステム。
このシステムは、取得したデータをRRDtoolを利用して保存し、グラフ化しています。

これで取得したデータを、個別でグラフ化したいと思って、探したところ、以下の様な感じになりました。

# /usr/bin/rrdtool graph /home/osakanataro/web/nise/load.png --imgformat=PNG --start=-86400 --end=-300 --base=1000 --height=100 --width=200 --upper-limit=5 --title="負荷状況" DEF:load="/var/lib/munin/localhost/localhost-load-load-g.rrd":42:AVERAGE CDEF:ok=load,2.0,GT,UNKN,load,IF CDEF:ng=load,2.0,GT,load,UNKN,IF HRULE:2.0#0000FF AREA:ok#00CF00 AREA:ng#FF0000

これで作成したグラフは↓です。

ロードアベレージの推移を見たい、という感じのグラフです。
これを作った当初はload averageが5ぐらいに行くことがあったので、5を最大(–upper-limit=5)としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください